[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

音が良くなれば濃い音になる

帯域バランスが極限まで整って来ると、耳に絡まず再生帯域が広く、濃い音になる事に気が付きました、そしてあまりシステムをさわらなくなりました。

普通、音が濃くなると高域と低域が狭くなり、濃く聞こえるのですが、そんな音質の事を書いている訳ではなく、再生帯域が広いのですが、鳴り方が全帯域色濃くなるものです。

とにかく世間にありがちな、音量イコール迫力ではなくなります。

ボリュームを上げると、ただ音が大きくなるだけで、何も変わらないのです。

私はこの鳴りかたをただひたすら探し続け遂に鳴らしたに過ぎないのですが、はったりのない音は、実に良いものです。

そして、ブルーノートを録音したルディー・バンゲルダーの録音は、決して特殊ではないと言うことです、いかに再生側が各々の思い込みで歪めているのかだと思うのです。

彼は確かにリバーブをかけて録音してはいますが、私のシステムでは極自然に聞こえるのです。

ルディ・バンゲルダーが、シンバルにスボットライトを当てて録音したというのも、少しおかしなうがった考えです、そんな事はないのです。

まともな録音です、ただなかなか上手く鳴らせないだけです。

帯域バランスがしっかりしたシステムでは、総てのレーベルはちゃんと広い再生帯域を伴って色濃く鳴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA