[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

穏やかになった

1000時間の慣らしが終わり、穏やかな鳴り方になって来ました。

しかし、情報量は格段に増えております、柔らかいのですが、音のエッヂはしっかりしております、これはオールホーンシステムの特長と言えるでしょう、以前の様にボケる事もなくなりました。

ドーム型の中音や高音では上手く鳴らせば、ユニットが消えたかの様な鳴りかたをしますが、音が遠く聞こえる為、エッヂはなかなか立ちません、

ウエスタンスピリッツの所有するJBL 4560BKは、とても低い音階を色濃く鳴らす事が出来る様になりました。

カタログにあります60Hzの音階が、確実に鳴っている証拠です、いやそれ以下の音階も鳴っています。

そして、音に奥行きと色気があります、普通のヴィンテージのJBLは白黒でネガの様な鳴り方になりますが、ウエスタンスピリッツではカラーになりました。

極小音量迄ボリュームを絞っても痩せません、またボリュームをかなり上げても音像は全く太りません、ただ小音量再生をした時と同じ音像のまま、音が大きくなるだけです。

これはアナログでもCDでも同じです。私にはこれが理想であり、夢に見た鳴り方だったのです。

個人的にはまだまだではありますが、ケーブルもやはり間違えてはおりません、絹とリネン(麻糸)巻きリッツ線ケーブルは、やはり音がクリアーです

宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA