[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

聞くものだけ電源を入れる

アナログを聞くときはアナログだけ、CDは鳴らさないならば電源を切っておく、また逆もあります。

どんなに単独電源だろうが、ノイズカットトランスを入れようが、音はくもり元気がなくなります。

またこの差が分からないようであれば、オーディオは出来ないと思います、こちらの方が少し良い、それらが積み重なりトータルとなるのです、オーディオはその積み重ねです。

お客様が来られる時は、前の晩からCDをリピートさせ鳴らしておき、先ずはCDから聞いていただき、アナログを聞くときは、CDの電源は切ります。

これは大切な事で、部屋に入ってから電源を入れて聞き始める、これもとんでもない事です、慣らされてない機材の音はお話になりません。

三時間は鳴らないと思って下さい。

とにかくオーディオは電源が大切で、同時に何台も聞かない機材の電源を入れていてはいけません。

一旦電源を切ったらウォーミングアップに時間はかかりますが、これは良い音を再生するのに避けられない事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA