[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

段ボールサウンド

JBL独特なボコボコのサウンドの事です、まるで段ボールを叩いた時のようなボコボコの艶も解像度も知性も感じない低音。

しかし、普通このようなドカンドカンサウンドを
皆さんはJBLサウンドだと思っている様です。

実際は全く違うのに、ウエスタンスピリッツが今鳴らしてる低音とは、極限まで引き締まり、全く違うのです。

これを文章にすることを私は正直ためらいました、誰にも(極一部の方)多分、分からないと思ったからです。

思い込んでいらっしゃる方にいくらお伝えしても無理だ、判ってる方々は口を揃えて私に忠告してくれました『やめろ』と。

しかし思います、私が書かないで誰が書くのだろう、とにかくJBLの音とはもっと引き締まっていて素敵なのだと、やはり大きなスピーカーでないと鳴らない柔らかで気持ちのいい音があるのです、やはり大きさでしかありません。

他のスピーカーメーカーと比べ、そんなに特殊ではないのです。

ジャズむきでもロックむきでもクラシックが苦手な訳でもありません。

ただ鳴らないJBLがその様に鳴るのです、使ってらっしゃる方が鳴らせないだけなのです。

私も以前はそうだったように、これからも違うものは違うとこのブログで語って行きたいと思います。

鳴らし方はこのブログの過去にたくさん書いてきましたが、他に方法はないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA