JBL4560BK

[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウエスタンスピリッツのスピーカーはオールホーンの3wayタイプです、以前はJBLオリジナルネットワークを経て自作ネットワークを経て、今は3wayマルチシステムに落ち着いています。

マルチシステムは、総て信頼のおけるイシノラボへ依頼しました、今は欲しかった音になりとても満足しています。

後は機材の下を楓の板で固めて響きを構成したいと思います、と言うか今はまだ手を入れる時ではないと判断したのです。

ウエスタンスピリッツは思った所まで既に、完成されてるからです、この先はこれからのお楽しみです。

4560は使い始めた頃実に酷い音でした、鳴らすのも嫌になりましたが、私はこのデザインが好きでした。

根拠はないですが、鳴らす自信だけはあったのですが、とにかく何をやっても全く駄目でした。

JBLを使っていると書いてはいますが、ウエスタンスピリッツの3wayスピーカーは、総てがJBLではありません。

ウーハー(130A)とボックスだけです、ドライバーは確かにLE85ですが、ダイアフラムをラジアンのへら絞りに交換してるので、JBLとはいわないでしょう。

ホーンはコーラルのAH-500です、フレアーカットが250Hzなので、弾んだ中域が欲しくて、人の薦めもあり使っています。

ウーハーの130Aととても上手く手を結んでくれました、ツィーターはエールのベリリウムのタイプを千葉のIさんから譲り受け使っていますが、付帯音がなく、とても気持ちの良い高域が再生出来ます。

これらすべてのユニット選びは過去からの経験と、人からの情報を基に、私なりに確実にセンスよく選んだつもりです。

色々な方の情報は必要です、独りだけでやっていると、どんなに真剣でも、時にとんでもない過ちをしていることもあるのです。

オーディオも仕事も趣味も独りの感だけでは出来ないのです。

また勢いだけでも突っ走ってしまい、知性の感じられない、やせぼそりのオーディオになってしまいます。

よく考えたら総て説明が付くのです、不思議な事やオカルト的な事はどこにもありません。

長年苦しみましたが、JBL4560BKはまだまだですがしっかり鳴ったと思います。

その代わりと言ってはなんですが、付帯音や弾んだ感じはなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA