[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ブログ

文章は捉え方によって、書いてる内容が違うように見える事があるのです、それを読解力とも言えますが、私が書いてる内容やその経歴をしっかり把握したうえで、アドバイスをして欲しいと思います。

ブログでいちいち細かく書く人はいないのです、ですからブログ(呟き)なのです。

ウエスタンスピリッツの今の音とは、多分システムを見ただけでは判断出来ないと思います、一言で書かせていただくと、判断基準は個々により違うとは思いますが、普通の同じJBLのシステムと比べ、スッキリしていて歪みが少ないので、低音がボコボコしていないため、ウエスタンスピリッツは低音が鳴ってなく聞こえる筈です、しかし、それが本当の低音だと思います。

そして、本当の意味でワイドレンジだと思います、すべての楽器の音はハッキリと分かれ、それでいてハーモニーとしてまとまっています、つまりこれが本当に整った帯域バランスだと思います。

そして、本当の低い音階が130Aなりに引き締まり鳴ります、聞かれた方々は『とてもではないがJBLとは思えない、まるで小型のフルレンジのようだ』とよく言われます。

私としては、まだまだではありますが、『端整な音だ』と聞かれた方は話します、でもまだまだ調整が必要と感じますが、年をとり体力もなくなってきて、なかなか前に進めないのが現状ですね。

とにかく、まだ左手の痺れもありますし、私が動くのは来年からになります。

私は懐古趣味でも、新しいもの好きでもありません、リッツ線も根本から勉強し、私なりに研究してカットアンドトライも含め繰り返し、間違いなく作りましたが、それでも未だに総てに万能なケーブルなど作る事は出来ません。

このことから分かることは、世の中に万能なものはないのです、人が作ったもの、すなわち幻のようなものだからです。

オーディオに終わりも、万能もありません、なので感性のガチンコ勝負だから面白いのです、もっと肩の力を抜きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA