[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

訳わからない会話

オーディオクリニックをしていますと、様々な言い訳に出会います、しばし楽しんで下さい。

(私)「色々聞かせていただきありがとうございます」
(お客様)「どうでしたか」

(私)「左右の音がかなり違っている為、良さが出ず、左右のスピーカーがお互いに殺し合っていて低音が少ないです」
(お客様)「知り合いに測定器で測ってもらったら、20ヘルツまで鳴っていると言われた」

(私)「20ヘルツどころか80ヘルツも怪しい」
するとお客様は、変なソフトばかり持ってきてパニック状態になる。

私の考えでは、測定器ほど、あてにならないものはないのです、その後、あまりにもかわいそうなので話題をかえて、試聴は終わらせました。

(次のお話)

ドライバーからノイズが出るので、ネットワークでドライバーだけ音量を絞ったが、納得がいかないので、一度聞いてみて欲しい、との依頼がありました。

(私の頭の中)「聞かなくても分かるのにな…」

(私)「アンプのノイズをネットワークで絞る事じたい既におかしい」
(お客様)「聞いた感じどうですか」

(私)「中域が足りない為、低域も高域も帯域バランスがずれています、自作派(真空管)ならノイズのないアンプを作って下さい」
(お客様)「良く分かりました、以後、努力致します」

(次のお話)

(お客様)「貴方の話す通りネットワークからマルチにしたら、帯域バランスがとれない、助けて欲しい」
(私の頭の中)「おいおい全然blogをよんでないではないか」

(私が聞いた感じ)「帯域バランスも位相のへったくれもない」
(お客様)「どうですか?」
(私)「少し、私のやり方を見ていて下さい」

ユニットはボックスも含め、見事に私と同じJBL、ただ一つ違うのは、ツイーターもJBLだったので、レベルを総て合わせて、ドライバーだけ逆位相にして終了。

(私)「いかがですか?」
(お客様)「ほ~う一発ですね、さすが」
(私の頭の中)「分かってないな」
(お客様)「この帯域バランスがほしかったのです」

大体がこのレベルなのです、そして、スピーカーボックスと床の間には何も敷いてない、床にベタ置き。

二週間後に聞き慣れたソフトをご持参願い、ウェスタンスピリッツへご足労願いました。

(私)「いかがですか?」
(お客様)「まるでスーパーウーハーでも繋げてるかのようです」
(私)「いいえ、スーパーウーハーなど邪道なものは私は繋げません、スーパーウーハーではこの様にアッサリとは鳴らないのですよ」

(お客様)「あなたのblogで、この様な鳴り方は伝わって来ません、残念です」
(私)「そう、blogは難しいのです、でもしっかり鳴っていてよかったです」

そして、何時もblogに書いてる通りに音質改善をお伝えし、無事にご試聴は終了となりました。

その日の夜に先方から連絡が来ました
(お客様)「家の音なんかお話になりません、これからも宜しくお願いします」
(私)「お伝えしました通りやってみて下さい、似たような音質になるかもしれません」

その後、六十代のお客様はなんと二ヶ月で総てをやり終え、再びお呼びがかかり、私は喜びいさんで駆けつけました。

多少雑なお仕事でしたが、前回とは比べものにならない位鳴っていました。

(お客様)「今ではblogの内容がよく分かるようになりました」
(私)「良かったです」
(お客様)「ありがとうございます」
(私)「いいえ、私は方法をお伝えしただけで、鳴らしたのはお客様です、こちらこそありがとうございます」

みなさんがこの様な行動に移っていただければ良いのですが、オーディオとは誠に厄介なひねくれた趣味なのです。

まだ出会っていませんが、世の中上には上がいらっしゃる筈です、更なる高嶺を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA