[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

エアコン

アンプの電源トランスのシールドや、回路だけでこのノイズは消せません、シールドは情報量や鮮度を減衰させます、理論の外れた方もいらっしゃるものです。

エアコンに次いでオーディオの音を駄目にするものはパソコンです。

オーディオを聞くときエアコンは、お部屋を好みの室温にしてから、切ってから聞きましょう。

パソコンも切って聞きましょう、それは何故か、エアコンはコンプレッサー(モーター)のパルスノイズが電源から飛び込み、音を汚すからです。

パソコンもデジタルノイズ(高周波ノイズ)が電源の電気を汚し、お部屋の空気中にも高周波ノイズを撒き散らし、再生音に影響します。

再生中にエアコンやパソコンの電源を入れてみると、音質がガックリ落ちるのが分かると思います 。

どう変わるのか、一気に元気がなくなり、奥行きも広がりも前後感もなく平面的な鳴り方になります、もしもこの違いが分からなければ、オーディオの音を突き詰める事は無理だと思います。

このような細かい事を色々探し、少しでもいいと思う方向を重ねて行くのです、これも一つの音質改善方向です。

しかし、この差に気がついて色々改善していくと、これらが応用となり色んな事が正しく見えてきます。

勢いだけでオーディオは出来ないのです。

何故上手く鳴らないのか何故上手く鳴るのか、よく考えてみて下さい。

他にも色々ありますが、エアコンやパソコンは特に最悪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA