[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

スピーカー

昔スピーカーは、優れたアンプのパワーや、ダンピングファクターで牛耳り、鳴らすものと思っていました。

でも違うのです、アンプの回路が優れていなければならないのは当たり前ですが、パワーもダンピングファクターも必要ないのです、ダンピングファクターが強いアンプは低音が弾けたような、飛び跳ねたようなボンついたような嫌な音になります。

つまり音の質が一番の問題なのです、質のいい音とは、ギラギラボコボコせず、本当の意味で録られた音に対し素直であることです。

ここまで正確に鳴ってくると、情報量が各段に増えて来ます、そして違和感がなくなるので、ソフトを選ばず何でも聞けるようになるのです。

何をして録られた音に素直なのか、これは文章にする事は出来ません。

やはり現実から外れない音と言う事になります。

総てはうるさくなく、のびのびしていて、開放感がありエッヂがきいています、何より音に影があります。

鋭い音も鳴らしますが、全くうるさくないのです、低音も軽々と柔らかで低い音階を鳴らします。

全体的に軽々とした音ですが、違和感は全くないのです、軽々としてるのですが、低い周波数も鳴らすので重厚な濃い音ですが、閉鎖的ではなく、コンサートを聞いてるように開放感があります。

この様に鳴らしたいものですね、鳴っていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA