[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

CELESTION DITTON 15XR

昨日の夜まで丸三日間鳴らしっぱなしで、家内と夜に聞いて来ました、確かに馴染んでは来ました。

結論JBLとはまた違った世界で、ないものねだりの耳には新鮮で楽しかったのですが、結論から話すと、やはり物足りないとの結論に至り、マルチシステムのJBLへ戻しました。

家内と二人で、今まで私がJBLで悪戦苦闘した日々を語り合いました「やはりこっちの方が良いね」との答えです。

これは私が努力したとか家内には関係ないことで、家内は理屈抜きで聞きやすいからJBLが良いと言ったのです。

セレッションは音がいっぱいいっぱいで、音がボックスの中で飽和している気がしました。

それに対しマルチシステムのJBLは総てに飽和がなく、余裕があり聞きやすいのです。

家内はこう言いました「JBLからセレッションのような細やかな中音域を鳴らし、セレッションからJBLのような余裕のある音を鳴らす事は出来ないの?」との事です。

耳は痛いですが、やってみる価値はありそうです。

CELESTION DITTON 15XR” に対して1件のコメントがあります。

  1. PaddleWheel より:


    いつも、読ませていただいています。
    同じく、千葉県の中央部在住の物です。
    父の死亡や、転居新築等かぶるところ多く、マルチをやっております。

    さて、本日のコメントですが、375の導入を検討されたらどうでしょう。拙宅では、375をいれた4ウェイマルチに落ち着いています。
    1インチでは、2インチドライバーの情報量に追いつかないように聴いております。
    分割振動領域まで行かないように、3.2Khzで上を切って、その上をLE85に繋いでいます。
    バランスが難しいですが、やってみる価値あると思います。
    ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA