[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

たまにはまともな音を聞こう

確かに大型スピーカーは音が柔らかで気持ちが良いのですが、たまには付帯音のない小さなフルレンジ(8~12センチ程の)を聞いてみましょう。

普段大型スピーカーを聞いてる耳にはつまらないでしょうが、まともな帯域バランスを聞く事がとても大切だと考えます。

軽やかな中域の鳴り方や他の帯域とのバランスを聞くのです、ネットワークを介してない中域は軽やかで聞きやすいのです。

本来全く別の世界ですが、その鳴り方を出来る限り真似して、正しい帯域バランスにしたいものです。

それは何故か?独りでやってる方にお見受けしますが、とんでもない帯域バランスになってる事があるのです、私がそうでした。

シンバルを本物さながらに鳴らそうとした結果なのか、ドライバーやツィーターのレベルが妙に高く、低音を感じないのです、当然の事ながら音は大きくうるさいのです。

ネットワークやチャンネルデバイダーのレベルを見てみると、ウーハーのレベルを絞っているのです。

出来る限りウーハーのレベルを絞ってはいけないのです、ドライバーやツィーターはウーハーより少し能率の高いものを揃えましょう。

帯域バランスはドライバーやツィーターでとるのがセオリーです。

しかし、ネットワークやチャンネルデバイダーでも、僅かに抵抗が入るだけで音は曇るのです、低音ならば低い音階まで沈まなくなります。

オーディオとは低音再生の戦いの歴史があるのです、これを忘れてはなりません。

普段からたまに、まともな音を聞く習慣を身につけましょう。

「フルレンジだから低音がないのは仕方がない」これでは駄目で、何故フルレンジは中域が軽いのかを考えてみましょう。

そしてフルレンジは何故、女性ボーカルやヴァイオリンソナタが上手く鳴るのかを考えてみて下さい。

しかし、フルレンジ一発では受け持つ帯域が多くなるため、オーケストラ等の大編成の再生に無理があるのです。

大型のマルチシステム、小型のフルレンジシステム、どちらにも譲れない良さがあり、どちらにもデメリットがあります。

しかし、一つだけ確かなのは、ウーハーと他のユニットの帯域バランスがとれた時、素敵な低い低音は鳴るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA