絹巻きケーブル

[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

私の話す絹巻きケーブルとは、裸単線に絹糸を強く巻き付けて作るハンドメイドであって、ウエスタンの単線に巻いてある帯のような柔らかな被膜の事ではありません。

ウエスタンのケーブルはあまりにも被膜の巻きが甘くそのままではいい音しません。

それにウエスタンスピリッツは今はもうウエスタンの単線は使っていません。

私がウエスタンの16GAを使っていたのは7~8年前の事です、しかもマイナス(グランド側)だけです、その頃グランド側には1.6ミリ単線の音が良いことに気がつきましたが、16GAはアメリカのワイアーゲージで、1.6ミリはないのです。

日本の1.6ミリ単線と比べ、その差は明らかで日本の線の勝利です、何度色んなパターンでケーブルを作り聞いてみても、その差は圧倒的です。

ただみなさんが言ってるようにウエスタンの線はレンジが狭いのではありません、ウエスタンの線は音が暗く低音が低い音階まで沈まないのと、情報量が少ないのです。

それが耳にはサラリとあっさりと聞こえるため、違うものに触れた事で、こちら(ビンテージ)の世界に傾く方も多いのですが、趣味である以上それもいいのではないでしょうか。

ただウエスタンスピリッツの目指す方向とは真逆な世界なのです。

ウエスタンスピリッツの目指すところは、ケーブルを繋いでないかのようなケーブルを繋いだ音です。

私は一切の妥協はありません、絹巻きケーブルが並みのハイエンドケーブルと同じならわざわざ体を壊してまで私は作りません。

オーディオは机上の空論では出来ないのです。

私は研究して今の答えを出しているのです。

まだまだではありますが、色々な素線の組み合わせを同じ長さで作り、エージングも含め聞いて来ました、ケーブルは固さも含め音質が決まります、絹巻きの巻く強さは音質を司るうえでとても大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA