[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

下克上

どんなに回路に精通してようと、どんなにご大層な理論を並べたててみても、音が上手く鳴らなければオーディオはそこで終わりだ。

鳴らした者が凄い、私はそう思う、しかし色々御託を並べて人のシステムをけなしてくる方がいる、これがネットの世界である。

多分、私のシステムを聞いた事はないだろう、聞かれた方の中にはそのような方は一人もいないと思う。

聞きもしないで、こちらの事情も立場もわきまえないで、一方的にコメントしてるのだろうが、世の中そんなに簡単なものではないと思う。

ウエスタンスピリッツにご試聴に来られたお客様はみなさん紳士な方ばかりです。

コメントにご自分に宛てた連絡も出来ない状態を察するに、人の事をけなすのが好きなのだろう、かなり勘違いされてる方とこちらは判断しており、コメントが来ても即非公開にして削除してる、何の教えをするでもなく、ただ人が使ってるものをけなすだけ、いちいち気にしていては先へ進めない。

断っておくが、私は単なるオーディオ販売員からケーブル屋になった訳ではない、然るべき方から基礎からご伝授いただき、アンプも他の機材も動作原理も理解した上で、総てを繋ぐケーブルを製造している。

それは何故か?世の中の市販品に音のいいケーブルが全く存在しないからである。

でも私は今でも、市販品のケーブルを理解しようと向上心から、結構高級ケーブルや端子を購入しては検証しています、その人間に対し、よりによってWBTの端子など薦めるアホがどこの世界にいますか?

呆れる、音が悪すぎセンスなさすぎ、聞いたら誰でも分かります、音は気品がなくベタベタ、一度スイッチクラフトのシルバーを聞いたら?
何故WBTの端子が良くないのか?端子を締め付けるから開放的な音が出ない、そして緩むから。

スイッチクラフトはは値段も安いし、半田に拘れば更に素晴らしい事を知る事です、プロはコストではなく(確かに少しはある)音に拘って作っているのです、どんなビンテージアンプの端子にもよく食いつき(これは販売するのにとても大切なこと)緩まず、何よりも品よく開放的な音になるから。

いいものを(高額)使わなければ、優れたものを作れないのなら、プロは失格です、これは料理と通ずる。

もっと経験を積まないと笑われますよ、全部分かって聞いて理解した上でウエスタンスピリッツはケーブルを作っています、WBTやノイトリックは逆に古い発想の端子です。

その頂点に今も変わらず君臨するのが、スイッチクラフトの端子です、リッツ線にしてもそうです、間違いなく答えは出ています、大手メーカーさんで計測していただいても驚きの数値が現に出ているのです。

人には立場もあります、仕入先との昔からのお付き合いもありますが、私はドライです、少しでも音が気に入らなければ、直ぐに意見を伝え、改善のよしなしとこちらが判断すれば即、切ります。

このような性格でないとオーディオは出来ません、私は人とつるむのが若い頃から苦手な人間です。

しかし独りで生きていくのにそれなりの覚悟は出来ております、また独りで生きていける訳ないことも分かっています。

あまり訳の分からない誹謗中傷は必要ありません。

ならば、せめてあなた様のご立派なシステムをお聞かせ下さい、そして私のガラクタシステムも聞いてやって下さい、しかし私は見た目には誤魔化されません。

最後に私はこう言いたいのです、私は自分でまだまだだと常日頃、話しています、今、使っている大切な機材を使って使ってしゃぶり尽くせ、音を追い込むのはそれからでも遅くはない、これを言いたいのです。

ケーブルの事も同じです、私は自分が作り上げた商品にプライドを持っていますが、自分にプライドは持っていません、人間的にまだまだだからです。

どんなに研究してもリッツ線は究極のケーブルだと思います、理論と言うのが良くないなら、リッツ線を作る為の合計断面積を求める計算式と、自分で聞いて決めた細さと音質の帯域バランスです。

理屈でオーディオは語れない、そしてオーディオは下克上の世界、聞いて良ければそれでよし、妙な屁理屈は必要なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA