[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

消去法

ウエスタンスピリッツのオーディオは、消去法で音をまともな方向へ改善して来ました。

若い時は良いと言われると何でも購入して、あちこちに追加させていました、確かに音が変化するからです。

しかし半年程聞いてると次第に違和感を感じて来ます。

いらないものを外していくと、音は軽やかになり何かから解き放たれたような方向になります。

それでも少しでも音を良くしようと、新たなものが追加されます、これを何年も重ねていく内にやっと気がついたのです。

機材の性能はノーマルでスペックが出ているのです、つまり完成しているのです。

後からあまり余計な事はしない方が良いのかも知れません。

しかしまだ鳴っていない発展途上の状態ならば、色々必要なのかも知れません。

人間は失敗して経験を重ねていくものだと思います、4560は私にそれを教えてくれた気がします、難しいけどいいボックスです。

ノイズカットトランスや、機材の下に敷いたインシュレーターを外してから、明らかに情報量が増えて軽やかになり、低域は低い方へ分厚く伸びるようになりました。

消去法も確かにありますね、しかしまだ答はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA