[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

人生に答えはない

ずっと書いてみたかった内容です、我が家にはアルツハイマー型認知症の母がおります。

我々夫婦は介護しています、地元(古巣)に帰ってきて思います。

道ですれ違う人の数がどんどん減ってきたと感じます。

何時も通っているお店も来客数が減って来ました。

実にたくさんのお客が、諸事情で来られなくなったようです。

しかしその総てそれぞれに意味があり、答えはないのだと思うようになりました、あるのは事実だけ。

楽しかったです、しかし少しずつ消えていきました。

しかし私はもう過去を追うことを止めました、自分を含め、もうそんなに人生の蝋燭は残っていないのです。

そして人生をどんなに語っても、結局答えはどこにもないのです。

何を成し得たのかではなく、どう生きたのかではないでしょうか?ならばこれからは家内と楽しもう、そう思いました。

人生に答えはなし、私はこう思います。

そして昔よく行った船橋西武とLOFTが、今月いっぱいで閉店します、よく行ったので少し寂しい気もします。

しかし船橋シャポーがオープンしました。

一つの時代が終わったと思わざるをえません。

また母の介護も同じで、どんなにやっても答えはどこにもありません。

ただ母が毎日穏やかで笑顔を見せてくれる、それが一番だと思います。

両親を亡くされた方は口を揃えて話します「居なくなったら分かるよ」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA