[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ホーンのカットオフ周波数

これを誰も気にしていない、揃えている スピーカーシステムの写真を見れば明らかである。

何度も書いてきたのに、何故私がコーラルのAH‐500を使っているか分からないのだろうか?私のスピーカーシステムはオールホーンスリーウェイマルチシステムである。

間違えてもフォーウェイにはしない、ボックスが4560BKだからである。

そしてこの機種は、ホーンのカットオフ周波数が250ヘルツだからである。

よく同じホーンを使っている方からAH‐500は音がキンキンすると言われる、そんな事はありません、800ヘルツでクロスさせてウーハーと能率を合わせたらいい。

そしてAH‐500はあまり高い周波数まで使う事を前提としていない、せいぜい8000ヘルツが限界だと思います、よって必ずツィーターが必要になる。

人が使っているからと安易に考え過ぎではないだろうか?私は人をあまり信用しない。

やはりしっかりしたネットワークやチャンネルデバイダーを使わないと鳴らない、特にネットワークの部品の品位は音を決める上で大切です。

コーラルのAH‐500はしっかりしていて上手く鳴ります、鳴らないのはカットオフ周波数やレベルで、帯域バランスが崩壊しているから鳴らないのです。

ホーンのカットオフと、そのホーンがどの様に何でデッドニングされてるか、ここが大切なところなのです。

カットオフ周波数が250ヘルツ、それをあえて800ヘルツでクロスさせる、ここが味噌なのです。

ネットワークやチャンネルデバイダーでは、教科書通り綺麗にクロスされてる訳ではない、これがヒントです。

そしていかに精度に優れた電子部品(コンデンサー、抵抗、コイル)にも、数値のバラつきがあるのです、これが誤差です、しかし出来る限り精度に優れた部品を使うべきです。

音の品位が違うからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA