[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウッドポールのラック

昔、私はウッドポールのラックを使っていた、お金が無かったのと、簡単に組み立てられ、その時は一応木材製なので音が良いと思っていた。

しかし使い始め、数年経ち何となく気がついた、「他と比べ音が軽く汚い、ラックがウッドポールだからではないのか」そして当時はシステム総てが、中古品だった。

GASやCROWNやニッコーのアンプを使っていた、それらが絶妙にマッチしたのだろう、今からすると有り得ないような音だったが、世間にないような音だったので、聞いた方はみなさん驚いていた。

今でも言われる方もいらっしゃる「あの頃の音もあれはあれでストイックでかっこよかった」と。

しかし私の場合、求めていけば自然と分かっていった「この音は安っぽくおかしい」と、ウッドボールのラックは総てがねじ込んだポールを板で挟んで留めてるだけなので、グラグラしている。

しかし軽いので、下にキャスターを付ければ移動が楽である、この安易な考えがいけなかった。

板はパインの集成材叩くとカンカンいってる、ポールはMDF、そこに埋め込んである鉄のネジ、音には最悪だった。

その頃、昔、別注で作っていただいた100キロのラックもあったが、引っ越した部屋が狭すぎて使えなかった。

そのラックもウッドボールのラックも、今の家へ持ってきたが、確かに別注で作っていただいたラックの方が、音は良かったが今はもう全部処分した。

総重量1トンの板の分厚いラックに作り換えたからである、木工ボンドや建築用の両面テープで張り合わせ作る為、音が良くなるまで時間はかかるが、泣ける程音は良くなった。

もうラックの下にキャスターを付ける事はない、ただラックにだけ一番下にバスマットを敷いてみた。

バスマット自体は軽く安定しないが、上の重たい(1トン)ラックと面で重なる為、とても安定する。

これは年上の仲間から教わった方法である、スピーカーの下から来る低音震動をかなり和らげてくれる。

その為、アナログターンテーブルや、他の機材を本来のスペックにするために重要な事だった。

これらが分かった今、昔使っていたキャスター付きのウッドポールのラックが、いかにチープなものだったかに気がついた。

通ってみるのも必要な道だが、数年後間違いなく無用の長物になること間違いなし。

今は直接オーディオに関係ない工具置き場や、家電品の収納として使っている。

安易な考えはいけない、オーディオに楽な事は何一つない、私の間違いとして笑って読んで頂けたら幸いです。

でも経験は大切だと思う、間違いがなければ成功はない、成功するには間違いに気付き出来るだけ正確に直す事だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA