[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ジャズのオリジナル盤

モノラル盤のお話しです、個人的にジャズは1950年代で終わってる気がします。

最近ダイアナ・パントンなど優れた女性ジャズボーカリストも出て来ましたが、やはりジャズはモノラル盤を上手く鳴らして聞いた方がいいと思うようになりました。

何が違うのか?録音と演奏の素晴らしさです、上手く鳴ると泣けて来るような凄みが聞けるのです。

ところがジャズのオリジナルモノラル盤は、どこで聞いても古臭く退屈で聞いてられません。

よく話を伺うと、ご丁寧にモノラル盤をステレオの針でかけている、これでは針の形状が音溝と合わずパサパサな変な音になり退屈で聴いていられず、気持ち悪くなって来る。

何故皆さんはジャズと言えばブルーノートばかり購入されるのでしょうか?

ズート・シムズやレスター・ヤングなど優れた演奏があるのに、色々なレコードを聞いて来ましたが、レスター・ヤングを最高に鳴らされてる方のシステムに出会いました。

やはりモノラル専用のフォノイコライザーを使用してRIAAを補正して聞かれていました。

その音はとても濃い音で音がスピーカーから離れ、ユニットそれぞれがぴったり揃っていました。

普通はこの様に鳴らないのですが、見事に揃っていました「我が家の音はまだまだだな」そう思いモノラル盤を聞いてみました。

前までモノラル盤を聞くときは、面倒なので普通の電気店で購入出来る安いケーブルを繋げて聞いていました。

しかしウエスタンスピリッツのリネン(麻糸)巻きのケーブルを繋ぎ聞いてみたところ。

私のモノラル専用イコライザーは真空管式です、めちゃくちゃいい音になったのです、やはり音は濃厚でした。

しかし私はズートもレスター・ヤングのレコードも所有していません、これから集めてみたいです。

因みにその方のアンプはほぼジェームス・ボンジョルノの製作したものです、我が家のアンプはイシノラボのものですが、似たような音になったのです。

やはりケーブルもかなりの出来だったのです 、家内は言いました「ねっ?これが答えなんだよ」早急に作ってウエスタンスピリッツのケーブルで総てを作り、ウエスタンスピリッツが見本を完成させなければならない。

そう思いました。

ウエスタンスピリッツのスピーカーケーブルの中でパワーアンプからウーハーまでは未だにベルデンです、これではドライバーやツィーターと 揃うわけないのです。

ジャズのモノラル盤を再生して色々分かって来ました。

今はベルデンのケーブルは外れウエスタンスピリッツのケーブルに交換しています。

穏やかな力のある音になりしっかりしました。

でもモノラル盤は本物を所有するべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA