[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

荻窪の櫻井さん来訪

遂に来訪の日となった、オーディオ雑誌に何度も登場された超有名人である。

二度、そのシステムを聞きに伺わせていただいたが、我が家は足下にも及ばない。

今まで日本全国、いろんな方の様々なシステムを聴いてきたが、いまだに我が家の音を超えるシステムはなかった。

しかし櫻井さんは何となく我が家を超える気がしていた。

使っているものがどうのこうの、そんな音質のレベルはとうに超えていらっしゃる、自宅を四件建てやっと理想郷を作り上げた、電源やその総てのこだわりは半端ではない。

ただ櫻井さんは、GASのジェームス・ボンジョルノ製作のアンプをとても巧みに使い、鳴らし分けていらっしゃる極稀な方である。

そして知る人ぞ知るジャズの本物のソフトをたくさん所有されている、私は自分が所有しているソフトが恥ずかしかった。

色々聴いて先ずは一言「我が家の音はもっと刺激がある、しかし、ウエスタンスピリッツの音は整った音だが、カウント・ベイシーもしっかり鳴った、しかしあなたが話した通りやはり低い低音が鳴らないね、でも鳴れば良いわけでもなく、肝心な所はしっかり鳴っている」との感想だった。

私は「まあまあですかね?」と聞いた「まあまあどころじゃないよ、いいよ」と仰っていただいた。

そして櫻井さんのシステムで聴かせていただいたダイアナ・パントン(女性のジャズボーカリスト)のレコードを三枚注文していた、しかも、もう一枚はプレゼントしていただき、それを暑い中、お持ちいただき感謝です。

そして家内とつくばの竹園珈琲から買ってきた、マンデリンハニーを美味しいと喜んでいただいた、嬉しかった。

分かる人には分かる、わからない方が殆ど、櫻井さんも全く同じ意見だった。

ようはオーディオをやってる以上、どの様なソフトを所有し、どの様な音を鳴らしているか、そこに尽きるのである。

やはり櫻井さんはスピリッツサウンドを見事に聴き分けてくださった「やっと出会ったな」そう思った。

櫻井さん、本日はお暑い中、御足労いただき感謝致します。

是非technics SP‐10Rが到着した時も、ご試聴よろしくお願い致します。

いまさら分からない方に聴いてもらっても、仕方がないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA