[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

私独りだけの極上コンサート

これを究極と思い目指し、ひたすらオーディオをやってきた、録られた総てを再生するには、一般的なオーディオのように、機材が優れたものだけを集めただけでは、美音は再生出来ない。

それは何故か?オーディオはとにかく余計な音(付帯音)がありすぎるからである。

それを削ぎ落とし、本当の音を鳴らすために、いらないベールをはがし、真実を炙り出さなければならない。

しかし誰にも分かってもらえないと思っていた、でもこの世の中で初めて、お一人だけ私を理解してくれた方に出会った。

話していてお互い完全に理解し合える、その方は私にこう仰った「あなたはここまでの音を鳴らされた、しかしあなたは優れたソフトを所有されてない」と。

耳が痛かった、私はソフトにあまり関心がなかった、確かに仰るとおりである。

そして教えを乞いソフトを集め始めた、お薦めいただいたソフトは、何を聞いても私には本物だと感じた、詳しい方もいたものである。

いくらシステムを優れた音にしても、いいソフトを所有してなければ、他人を納得させることは出来ないと気がついた。

そして普段から本物を聴いてないと、優れたケーブルを作る事は出来ない、しかしあなたはごらんの通り、美音を鳴らした、特にクラシックを聴かない私がクラシックを聴いて、これがJBLの音なのか、しなやかで信じられないと仰った。

私はJBLだからクラシックが鳴らないと言われたくないので、極限までいらない音を取り去った、すると今の鳴り方が完成した。

しかし今をもってしても、何故この様な鳴り方になったのか説明がつかない。

私独りだけの極上コンサート、これを目指し更なる高嶺に行きたいものです。

その為にtechnics SP‐10Rがどうしても必要だった。

その素晴らしさは想像を遥かに超えた、今更話すまでもないだろう。

我が家はお膳立てがしっかりしてたので、SP‐10Rを使いこなせたのだろうと思った。

もうウエスタンスピリッツで鳴らないソフトはない、しかしより優れたソフトが必要である。

私独りだけの極上コンサートを鳴らすために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA