[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

勘違いオーディオ

いいものを購入すれば、音が良くなると思ってる方が殆ど、私は違うと思う、優れたものを使うのは確かに大切な事である。

しかし次のものを迎える前に、現状のままその性能を引き出すべく努力していないと、新たなものの差を引き出す事は出来ない。

いくら高額なお金を支払っても、その差は僅か?違いますその僅かの差がとても大きいのです。

今現在上手く鳴っていないので、そこに優れたものを繋いでも、違いは極僅かとなってしまうのである。

そして間違えたものを選んでしまい、迷宮にはまっていってしまうのです。

だから小さなフルレンジが付帯音が少なく、自分の目指す方向などと思ってしまうのです。

よく聞いてみて欲しい、実際の音とは実に付帯音だらけ、付帯音を減らし過ぎると、旨味のようなものがなくなり、つまらない再生音になってしまう。

総ては勘違いから生まれた産物である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA