[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ケーブルを作ってみた

チャンネルデバイダーとウーハーを繋ぐRCAピンケーブルです、日曜日に思うところあり、外被はリネン(麻糸)で作って繋いでみた。

変化は確かに顕著であるが、やはりウエスタンスピリッツは、スリーウェイオールマルチシステムなので、ドライバーとツィーターのパワーアンプも同じケーブルで繋がなければならない。

音色が揃わないなどと言う簡単なものではない、寧ろ今まで同期していたものが、崩壊してバラバラに聞こえる。

何となく気持ち悪い、答えは簡単、残りの二セットも作って繋げれば良いのである。

多分同期する筈である。

翌日同じ長さで同じ外被で、ドライバーに繋がるパワーアンプまでのケーブルを作り繋げてみた。

更にバランスはとれましたが、やはりツィーターが同期せず、全体的にも何か変です。

更に次の日ツィーターに繋がるケーブルをやはり同じ長さと外被で作り繋げてみた。

完全に同期した、これでラインは総て私のケーブルが意図したストーリーで繋がった、とても現代的な綺麗でチャーミングな音になった。

重心が低く太くそれでいて鮮やかだが、総てがしっかりしてるので、びくともしない穏やか爽やかな音になった。

そしてずっと気になっていた一台だけラックから下ろし、プレーヤーの下に設置してあったウーハー用のパワーアンプも総てラックに収めた。

アナログ再生の邪魔だった事と、以前はラックの後ろにノイズカットトランスが五台あったので、干渉し低音ノイズがあった。

今はノイズカットトランスは、総て外した為、影響はないだろうと判断、再びラックへ戻した、結果何の干渉もなかった。

寧ろ音に奥行きと広がりを感じるようになった、これは我が家のラックの一番下には、低反発のバスマットを敷いて、その上に重量級のオーディオラックを設置したからだと思う、スピーカーからの振動にやられる事を少しでも防いでいるのである。

それにしてもケーブル一本て全く音は変わった。

久しぶりで聴いたヨーヨーマのピアソラはとても素敵に鳴ってくれた。

櫻井さんから頂いたカウントベイシーのレコードから怒涛の低音が鳴った、更に高嶺にいったのは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA