[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

4560BK&Marcury

不思議な事が起こった、最近ずっとタンノイのマーキュリーを聴いてきた、夜中、眠れずにリスニングルームへ来た。

タンノイマーキュリーを聴いてると、音は後ろに設置してる4560BKが鳴ってるように聞こえる。

そして昨日の夕方繋ぎ替えた4560BKを聴いてみた、音は1.5メートル手前にあるタンノイマーキュリーから聴こえるのである。

今日の夕方、階下の階段で聴くと4560BKの音は、誰かがサックスを押し殺したように吹いてるように聞こえた。

少し前に階下の階段で聴いたタンノイマーキュリーは、上でモニタースピーカーを再生してるように聴こえた。

オールホーン、オールマルチシステムの4560BK、そしてタンノイマーキュリーは、ネットワークである。

実際、部屋で聴いてると、どちらが良い悪いではなく、どちらも素晴らしい。

つまり、お互いないものねだりなのかも知れない、脳や耳が勝手にお互いをない方へシフトして感じてるとしか言いようがない。

細やかに比較していると、4560BKの低音は我が家ではかなり低い周波数を再生するようになったが、どこかで飽和するようなところがある。

しかしタンノイマーキュリーはそのような事は全くない、実にさっぱりとしている、そして明らかに4560BKよりは低い周波数を再生しているが、引き締まって聴こえる。

階下の階段で聴くとそれは更に顕著になった気がする。

また何かがわかりかけて来た気がする。

今日は少し寒いが、張り詰めたようないい音が聞けた、良いぞ4560BK、ありがとう。

私は少し疲れたのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA