[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

凄い低音の入ったCD



同じような音の入ったソフトは他にもまだありますが、今はCDの時代、この二枚のCDは,既に有名なのかも知れませんが、独特なバスドラの音が録られています、カウントベイシー Warm BreezeとHarry ALLen(ハリーアレン) kING OF SWINGの二枚です。

世間で凄いと言われている低音の入ったCDは、私もかなり色々購入してみましたが、録音の時に、リミッターが以外と高い周波数でかかっている(40Hz周辺)大した事のないCDでした、やはり私もこの二枚を知り合いから教えてもらい知ったのです。

クリアーで軽くて低いカッコいい気持ちの良い低音でグッドです。

普通かなり低い低音の入ってると言われてるCDでも、せいぜい40Hz周辺で実は大した低い音ではないのです。

ところが、この二枚はかなり低い低音(低く聞こえるのかな?)が入っていて、私のJBLのオールホーンシステムでは多分まだ再生しきれていないと思います、もっと低い低音が入っていると思います。

そして、どちらのCDも定位がとても優れていると言う事です。

ベイシーの方はアナログもありますが、実際にはまた復活するかも知れませんが、今は、CDも既に絶盤になっています、私は中古で見つけました。

アナログだったら日本盤でもかなりの音がする筈です。

しかしこの録音は意図的に録っているとは思えないのです、同じミキサーでも、他のCDと一瞬似てはいますがよく聞いていくと全く違うのです。

ハリーアレンもベイシーも他のCDにこの低音は入っていないのです、年代も近いものを探して購入してみましたが、やはり全く違うのです、これは生では絶対にあり得ない事ですね、だからオーディオは面白い、そして普通の鳴り方をしている(あまり鳴っていない)オーディオでこの二枚をかけても、大型スピーカーであってもこの低音は殆ど鳴りませんでした、かなりの実力をもったシステムでないと、この低音は再生出来ないみたいです、試してみてください、貴方の装置で鳴るかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA