[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオの事を色々検索してみた

世間はゴールデンウィーク、それがどうした、私にはあまり関係ない、けどちょっとある、残念ながら天気が悪い、憂鬱になる…

ネットでは色々語られていたが、確かに理屈は分かる、しかし何を質問しても、理屈をこねても音が良くならなくてはお話にならない、時間の無駄である、音を良くする本当の方法は何処にも書かれていないと思った。

みんな自分の考えで色々質問をして回答をもらっている、しかし質問も回答もかなり的が外れている、しかし意味のない事を積み重ね、意味がない事を理解する事も大切だ、私もそうして覚えてきた、例えばこれは一例ですが、ネットワークのコイルで、EIコアに巻いたコイルが良いか、空芯のコイルが良いか、空芯銅箔コイルが良いか、理屈でその鳴り方を分かるならば誰も苦労はしない、オーディオは理屈の通りに鳴ってはくれないからだ。

これはあくまで私が実際に聞いた主観での話だが、コイルは丸く巻くとダイナミックレンジの広い芯のない横(左右)に広がった音になる、反して四角く巻くとダイナミックレンジは狭く感じるが、低音が力強く、音に芯を感じる、どちらを選ぶかは千差万別で答えはない、前後に繋ぐ部品の性格と回路と繋ぐユニットにもよると思うからだ、経験あるのみだ、EIコアに巻いたコイルは、音に実体感があり、ガッツのある音だが、どこか飽和した感じが常にある、空芯コイルの音はEIコアに巻いたコイルに比べ大人しいが、満足感は少ないが、飽和した感じは少ない、空芯銅箔(少しでも幅の広いタイプが良い)コイルの音は、先に書いた空芯コイルの音から更に癖をなくし、広がった爽やかなイメージがある様に感じる。

どれが優れているかは貴方のシステムのトータルバランスと部屋によるだろう。

私は現在、空芯銅箔コイルを気に入って使っている、私のJBLと合わせると、私のネットワークでは、JBLらしからぬ品の良い滑らかな爽やかな鳴り方になったからである。

私は、ウーハーとドライバーのハイカットに使用している。

ガッツはないが素直で広がりのある品の良い感じがするが、ガッツのある鳴り方はJBLが勝手に作ってくれる、我が家はたまたまJBLだから空芯銅箔コイルで、バランスしたのかも知れない。

とにかく、どんなものにもクラス(レベル?品位?)があり、一概に同じレベルで音を比べ語る事は簡単には出来ない。

やはり、適材適所だろうと思う、だからあまり他人の意見は聞かず参考程度に、やはり本人の耳で選ぶしかない。

色々ネットで質問したり語るのも悪くはないが、しっかりしたポリシーと間違いのない実験結果が必要だと思った、現にネットワークのコイル一つとってもこれだけの違いがあるわけだ、簡単に答えは出ないと思う、それは私のブログにも言える事だと思った、読み返してみると結構な伝え間違いがあったのと読む人によっては気分を害される内容も見つかった、私は少し責任を感じた、馬鹿丸出しの内容もあったという事です、しかし自分が実験した結果をブログで伝えるだけでも大変難しく、なかなか上手く伝わりません。

みなさん、これからも宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA