[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

私がオーディオブログを始めた理由

自分で読み返してみて、いささか吹き上がってる様な文章にも感じますが。

これはあくまでも私が勝手に呟く内容です、このブログには真実しか書かれていない、私は過去にJBLと運命的な出会いをし、胸ときめきやっと購入してみて、その音のあまりの酷さに、今はこうだが…いつかちゃんと鳴らしてみせると思ったものです、今まで悪戦苦闘してきた私とJBLとの三十年の格闘の記録でもある、私は決していい気になってる訳でも舞い上がってる訳でもないことをご理解いただきたい。

その理想の音がやっと鳴った気がする、それでもまだ完璧とは言えないし先はあるが、今の状態にする事さえ並大抵な事ではなかった。

でも、今まで、世間様に公表出来るだけの、本物の音がなかなか鳴らせない、しかし自分には何故だか自信があった、どこに行っても聞いたことのない音や音楽がある事を、どうしても世の中に伝えたかった、オーディオはまともにやればちゃんと鳴ることを、今伝えなければならない、鳴り方によって全く違うと言うこの事実を真から分かっていただきたい、ただそれだけ、お断りしておくが、私はかなり方々を聞き歩いて来た、本当に凄いシステムやかなりの音を出している人が居ると聞くと、ほぼ聞きに伺っている、だから普通よりは色々聞いて知っているつもりだ、そしてその様々な凄い音を自分のシステムに取り入れてきた、しかし、一部の馬鹿によってその真実が歪められている、他には何もない、その音を出したくて私はオーディオをやってきた、私が目指すのは異次元のオーディオ、だから私は自分で色々思うに、多分自分は本当はソフトを紹介したいのではと思う、私のオーディオスタンスは、音を良くしようと莫大なお金を使う金持ち成金オーディオとは全く違い、どちかと言うとレコードを
自分なりに探しまわり、買ってきたレコードがレーベルによって自分が思い描いた鳴り方と違和感を感じ、装置や自分のやり方をも徹底的に疑い、まともな音にして、自分の感じる方向へ鳴らしてきた、その結果今のようなスタンスになったのだと思う。

昔センスの良かった時代、どちかと言うと空や風や海や自由を感じた時代の事を、夢のないこの時代になってはじめて私は何とか伝えられるのでは、そう思ったのである、しかし、いざはじめてみると、ブログには話してはいけない色々な言葉が存在する、それも確かだ、でも今しかない、そう思った。

ドラマチックな音と言ってもあまりピンッと来ないかも知れないが、聞いてもらったら誰にでも分かると思う、音楽には個々に感じるストーリーがある、ところが音が悪いと、耳がその音に引っ張られ音楽が安心して聞けなくなる、それではあまりにもつまらないので、私は自分のシステムで標準的な鳴り方を自分なりに探したのだと思う、何を聞いてもそれなりにまともな鳴り方を求めて、私のオーディオはそこからだったと思う。

とにかく世間で鳴っている殆どのオーディオの音(鳴り方)にはストーリーが無さすぎる、ただ綺麗に鳴っている、そんなものではないだろうと私は思う。

私は、もっと神経を浮き彫りにしたような真実味(ノンフィクション)が欲しいのです、誰もが気付いているが誰にも出せない音を鳴らしたい、言い方を変えたら漫才の当りセリフを探してる様なもの、でもそれは音質だけではないと気付いたのです、もっと明日を生きて行く様な力を音楽から欲しいのだ、低音がどうとか、高音がどうとかではなく、純粋に音楽を楽しみたい、みなさんもそうではないのか?でもまともに再生出来ない装置でそれは聞けないのだ、私は早くそれを鳴らしたいから、少し遠回りになったけれど、オーディオにここまで深く首を突っ込んだ訳です、その答えが違っているならば、私は多分ここまでオーディオをやっていない、それに音の変化だけを聞いていたのではいつまで経ってもそのままである、理屈だけでオーディオは鳴らない、だけど本当の理屈は必ずどこかに存在する、私も含め、みんな間違えてるだけ、伝え方がとても難しいのです、オーディオはどうしても色んな事が複雑に絡んでいて、本当の答えがなかなか出ないので、最終的には、やはり個人のセンスになると思う、一度私のシステムを聞いてみたい人はいないのだろうか、このブログをただ読んでいるだけでは何にも分かりはしない、私が本当に伝えたい事も分からない。

書いていて、いつも思う、プログに限らず人に考えや実験結果を、ましてや音を伝えるのは至難の技です、出来はしない、やはりシステムを目の前にしないと分からない、聞かないともっと分からない、そう思います、そして今のままではお互いの表情も分からない、新居にオーディオ専門のリスニングルームがもしも出来たら、ウエスタンスピリッツのホームページから試聴を募ります。

もう少しだけお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA