[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

軽々と雄大な低音

私のJBLシステムの低音の鳴り方は、雄大で軽く引き締まっている、そんな感じなのだ。

以前は重く暗く最低域がのびずに食い止まっていた、いわゆるよくあるJBLの鳴り方だった、私はいつも暗い低音に不満があった、JBLはこんな鳴り方なのかと思って半ば諦めていた。

品のない重く鈍い低音、しかし、現在色々実験をし、やり方を変えトライして、とても軽々と太い弾んだ低域が鳴っている、気がする。

私は自己満足が出来ないので、いつも言葉の厳しい複数の第三者に聞いてもらい判断する。

自分だけが良いと思っていても、他人が聞いて駄目ならばそれは上手く鳴っているとは言えない、自分のシステムだから他人に言われる筋合いはないと、お考えならば、話しはそこまでである。

上手く鳴っていないのでなく、言葉を変えれば、違和感を感じるのだ、音が耳に絡まり、押し付けがましく聞いていて嫌になる、私は迷った時、自宅でオーディオに全く興味のない家内(音楽には興味はある)にも聞いてもらっている、お断りしておくが、女性の感性はとても鋭いものがある、男性には真似は出来ない、たまには、お話にならない女性も男性も存在しますが(笑)でも最近家内は、いつも努力してる私を見てるので、ひいきめが出てきてしまった。

彼女がいつも話す試聴結果はこんな感じだ、ステージが歪んでみえるとか、人の声ってこんな感じじゃないと思うとか、ドラムだけが前に出てきてうるさいとか、そんな感じの答えが多いのです、聞いたこちらは嬉しいが悩んでしまう、しかし、彼女の放ったその言葉の中から、真意を感じとらなくてはならない、よく考えてみると、言葉そのものではないからだ、言葉にならない言葉が存在する、そうして私はオーディオをやって来た、その結果システムをよく観察すると、必ずどこかに不備が見つかる、女性の感性は、大したものだと思う。

ただ独りで、闇雲にたくさん聞いていても、何のサウンド構築にもならない、本人がそれで納得してしまっているからだと思う、やはり、関係ない第三者に、その人のシステムと比較して聞いていただき、判断をあおぐのが一番と感じるのだ、でもたまに双方が間違えていることもある。

特に低音再生は、ウーハーユニットの性能が重要視されがちだが、私は違うと思う。

foが40Hzだろうが、18Hzだろうが、そんな事はあまり関係ないと思う、つまりほとんどが40Hzすら、しっかり再生しきれていないのが現状だからだ。

くれぐれも重く鈍い低音と、軽く抜けのよい重厚な低音とは、全く違うと言う事だ、みんなが低音だと思っている音域はまだまだ高い周波数なのだ。

それを、低い音域まで弾力をもたせ、余裕をもって軽々と鳴らしたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA