[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

DENON DL-103は優れカートリッヂです。

昔からそうだった、MCカートりッヂの中では一番安かった、だから、今回も103でいいや、私も昔はそんな言い方をしていた。

もっと周波数特性の優れたカートリッヂはないか、私は正直、ここ数ヵ月血眼になって色んな所に探しに行っている。

その結果、誠に嘆かわしい事ではあるが、新しいメーカーのカートリッジは、デザインは斬新で、スペックは立派だと思うのだが、かんじんな音は、壊滅的である、どれもツルンとしていて、CDを聞いてるみたいだ、アナログなのに音に引っ掛かりがないのだ、正直DL-103を遥かに越えるカートリッヂはみつからなかった、私が今お話しているのは、昨今の20~70万円の高級カートリッヂの事である。

カタログを見ると、確かに能書きは凄い、これしかないような素晴らしい特長がたくさん書いてある、でもかんじんなのは出てくる音である、スペックではない、私が自分の部屋で自分が普段使っているトーンアーム(オーディオテクニカAT-1005Ⅱ)で聞いてみてのお話しだ。

あるカートリッヂの代理店は私にこう言った、貴方のアームは古いので、当社指定のアームでないと、このカートリッヂの本当の性能は引き出せませんと言った、そんな事、こちらは初めから百も承知だ、メーカー名はこの際悪いのであげないが、昔から押しも押されもしない、有名なターンテーブルの輸入元だ、ならばはじめから別々に販売しなけれは良いと思う。

こちらはメーカーの能書きなど聞く気ははじめからない、良ければ購入そうでなければ返却、それだけだ、総て、調べて分かっている事だったのだ、では消費者は何を物差しに選んだら良いのだ?確かに特別に昔のよしみで無料貸し出しには感謝している、自分の部屋で試聴するのが究極の聞き方だ、でもそれとこれとは話が違うのだ。

何も言われなくても、とりあえず今の現状で試し、ターンテーブルごとフルセットで購入しても良いと私は思っていたが、その言葉で一気に醒めた。

とにかく他のメーカーも、色々値段の高いのから安いのまで試してみたが、値段値の音質を兼ね備えたカートリッヂは、なかなか存在しない、DL-103は確かに丸針だ、その為に、あまりレコードの年代を気にしないで聞ける、しかし、いつも安定した太い音で爽やかなフレッシュな音のカートリッヂは他にあまり存在しないようだ。

このカートリッヂを研究している海外のメーカーはかなり多い筈だ、なぜこんな値段でこの音を作るれるのかを。

その証拠に海外でDL-103の評価は高い、日本ではもう終わったカートリッヂなのだろうか?安くてずいぶん馬鹿にする人もいるが、こんなに優れたカートリッヂが安く購入出来るのは、私にはとても嬉しい限りである、そう思っている方も多いと思う。

DL-103はオルトフォンのSPUを研究して出来たのは、多分間違いないと私は思う、CD再生が放送局でも増えて来ているが、FMではまだレコードもかけている、しかもDL-103で。

最近東京スカイツリーが出来て、FMの音が飛躍的に良くなった事にみなさんはお気付きだろうか?昔はFMといえばではなく、今もそうなのだ。

我が家でDL-103はコンクリートの床を震わせる程の重低音を轟かせる、丸針だって大丈夫。

みなさんDENONのDL-103を再び使おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA