[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

JBLを聞いていて感じる事

私のスピーカーはJBL4560(フロントロードホーンのバスレフ、主にPAで使用される)を中心としたオールホーンシステムです、デザインや大きさから、一般的に家庭で使う人はかなり少ないでしょう。

マルチではありません、主観ですが、一番違和感のないマイナス6dBクロスの簡単なネットワークで、部品にこだわって作りました。

結局は、シンプルイズベストが今の私には、一番だと思う。

他のスピーカーメーカーとの決定的な鳴り方の違いは、我が家は、定位がとても立体的なのと、全体的に音がスピーカーからポンッ!と離れたような、スピーカーとキャッチボールをしている様な、こちらに投げかけるような、どこか突き放したように吹っ飛んで来る肉厚なドラムやウッドベースの音ではないでしょうか?しかし欠点があります、なかなか本当に低い低音が鳴らないというところです。

自分では、かなり低い音階まで鳴っている(感じる?)と思いますが、後少し下まで再生出来る気がします。

違和感がなくなるまで徹底的に自分とシステムを追い込み、やっと違和感が減って来た、再生音である以上どんなに頑張っても違和感をゼロにする事は出来ません。

オーディオは結局、いかに長い時間たくさんの音楽を楽しく、疲れずに聞いていられるかです、その答えに辿り着くまで、実に色々な実験や失敗を乗り越えてここまで来ました。

文章にすると、簡単に見えるでしょうが、実に大変な思いをしました。

人間は自分の間違いになかなか気付かないものです、頑なに自分はこうなんだと、勝手に思い上がってしまいます、自分は何にも分かっていないと気付く事が大切です。

簡単に分かった!分かった!と返事する人は、分かっていない人だと思います、なぜか?ですが、そんなに簡単に人からの言葉を理解出来るとは私にはどうしても思えないからです。

音もまたしかりではないでしょうか?よく私に、このボックスはうんぬんと話す人がいます、4560というボックスは並大抵では低音が出ないボックスなのです、先ずはそこをご理解いただきたいのです。

普通このボックスからは、ボンボン弾んだ感じの鳴り方ならばそこそこの知識と経験があれば、誰でも鳴らせると思います、しかし、このボックスから、低い音階の低音を鳴らせるかと言うと、至難の技です、殆どの人は鳴らせていません、普通4560で再生可能周波数は60Hz迄です。

私は何とか40Hz位迄は、感じる位迄、今は鳴らせます、しかし、後もう10Hz位下まで感じたいのです、つまり30Hz位迄です。

普通に考えたらそれは我が家の4560&130Aでは普通無理に思えます。

しかし色々やっていくとトリックではありますが、その音階を鳴らないまでも、感じる事は不可能ではないと分かりました。

実際に測定器では出ていなくても、それを感じる鳴らし方は存在します。

それは録音のトリックから私には紐解けました、残念ながらこのブログで語る訳にはまいりませんが、挑戦してみて下さい。

私には私の、貴方には貴方の方法が必ずある筈です。

JBLはじゃじゃ馬かも知れないですが、実に楽しいスピーカーです、なかなか上手く鳴らないからです、もう鳴ったと思っている貴方、まだ鳴ってないと思います、私のJBLも含めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA