[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

電源ノイズカット トランスの必要性

最近特に思う、私のオーディオが更なる高嶺に昇る為には、どうしてもある程度の広さの部屋が必要だ。

そして、今住んでいる部屋では、スペースの関係でどうしても出来ない電源総てのノイズカットである、電源ノイズは、トランスを入れても、トランス自体がノイズを発生させるため、ノイズカットは完全とは言えないが、入れたほうが鳴り方は多分良く変わるだろう、私はそう思う。

しかし、今の段階では総て憶測でしかない。

私のシステムにはアメリカ仕様の117ボルトを必要とするCROWNのプリアンプとパワーアンプが入っている、アメリカは117ボルトで200ボルトではない。

我が家は、いったんコンセントから出力した電気は100V~100Vのノイズカットトランスを経由して、そこからプリとパワー各々の電源を更にステップアップトランスを二つとっている、簡単に言うと一つのトランスから、二つのステップアップトランスの電源をとっている事になる。

一つのトランスから二つ、しかも、ステップアップトランスをとるのは良くないのは分かっている、しかしコンセントの数が足りなくて、現状では他に手がないのだ。

それでも、私のシステムは今現在かなりのレベルで鳴っている、多分ウエスタンの単線を研究し、ケーブルの作り方で、今のシステムの音全体のバランスを自分なりにとったのだろう、それを根底からもっとしっかりさせたら、どれだけの変化になるか分からないが、考えてるだけでワクワクしてくる。

今は電源以前に、部屋がもので溢れかえっている、もしもこれが、部屋が広くなり、スッキリ片付き、綺麗な電源がアンプに供給されたら、どんなに素晴らしいだろう、そう考えている。

それに今はCROWNのステップアップトランスが、パワーアンプや他の機器と干渉しているのも明白であり、どうやってもこのスペースで今以上の音は構築出来そうにない。

トランスからの干渉も、ある種のエネルギーロスになっていると思う、ここまで徹底的にやったのだ、本来はもっとクリアーな音がする筈なのだ。

私のシステムを実際に見て聞かれた方は、多分ご理解いただけると思う、まだどこか最後のところで音がスッキリしないのだ、これはもうスピーカーとの距離と電源だ、それはもう分かっているつもりなのだ、しかし、今の現状でなんとかするのが我々プロフェッショナルだ。

私のスピーカーはJBLの4560なのだ、どう考えても、スピーカーからの距離は最低でも3メートルはほしい、でも我が家は2メートルちょっとしかない、このボックス本来の低音は、多分まだ再生出来ていないと思う、そこに持ってきてこの電源である、建物が古いために、屋内配線も細いのだ、システムとしては、かなり出来上がってる筈なのだが、まだ実際の実力の半分位ではないかと勝手に思っている、早く電源を含む総てをしっかりしたいのだが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA