[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

我がJBL4560の音

一般的に言われているバター臭い音とは少し違うかな?やはり私は日本人なのでその私が、徹底的に調整してきたから、どこか醤油臭い感じでさっぱりしている、確かにJBLの力強さや、迫力はあるけれど、私のスピーカーは単純にJBLの音とは、かなりかけ離れていると自分では思う、太く滑らかで強く、さっぱりしたうるさくない落ち着いた元気なクリアーな音だと思う。

ネットワークも自作だし、ツィーターもホーンもコーラルだし、ドライバーのダイアフラムはラジアン(リード線に半田で直付け)だし、何よりケーブルが独特で他にはないものだから、やはりウエスタンケーブルを素材に使っても、日本人の私の音になっていると思う、聞いた人はみんな、想像していたJBLの音とは全く違うと口を揃えて話す。

私は、ものにあまり依存することなく、自由にオーディオを引っ掻きまわしてきた、しかし、自分が使っているものに気に入らないものは何一つないのだ、それらをこれだけ鳴らした、それが私の誇りなのだ。

プロならば普通の人が使っているものより安いものを使い、人が驚くような音を鳴らせ!それが私のオーディオスタンスだ、しかし私の見た目から多分貧乏くささはないと思う、でも自分で言うのも変だが、その裏には経験に裏打ちされた努力がたくさんあるのもまた事実である、総てをこのブログでは到底書けない、ノウハウではない、色んな方が読んでいる以上書いてはいけない事がたくさんあるからだ。

よく我が家に聞きに来られる方に、もっと良いものを使った方がいい、馬鹿にされるからと言われるが、別に馬鹿にしたい人は馬鹿にしても私は良いと思う、馬鹿にするのは相手の勝手で、別にこちらは合わせる意思は全くなしであるからだ。

人それぞれだ、いくらこちらが良いものを揃えて構えてもきりがないからだ、私はそれをちゃんとわかっているつもりだ。

でも面と向かって馬鹿にした人は今まで居なかった、私が分からないだけなのかも知れないが(笑)

それより、自分が少しでもよく鳴っていないと思う音を、私は人に聞かせたくない、聞かせる時はいつもその時の音が私のベストなのだ。

でも数年前までは、正直ダメ出しの連続であった、そのご指摘を、私はある時から、ありがたく受け入れる事が出来る様になったのだ。

しかし言葉は難しい、そのご指摘が言葉どおりではないからだ、つまりは言葉にならない言葉の事だ、全く関係のない言葉やご指摘から、その不備を感じ、みつけて、クリアーしなければならないからだ、でも、それは大変な事だ。

いちいちその場で反論しても、その人は感じたままを私に伝えている訳だ、そのとおりなのだ、冷静にシステムを聞き、システムを見渡したら、必ずおかしなところが見つかる、私は経験でそう思う。

どんなに完璧にやったとしても、ことオーディオに関して絶対はない、むしろ人間は絶対にミスをおかす生き物、それを先ず自分で分からないとオーディオは出来ないのである。

でもなぜ我がオーディオがこんなに上手く鳴ったのか、再現しろと言われても困ってしまう。

時間がかかります、としか答えようがない、とにかくオーディオにはある程度の音を良くするパターンは確かにある、しかし万能薬はないのだ、医療だってそうだ、過去にたくさんの犠牲者があり、それを言葉が悪いが、治すパターンにしてデータを蓄積していく、そして人は病魔から助かるようになってきた。

オーディオにも似たようなものを私は感じるのだ、私はご指摘はありがたく聞くが、やり方は人の意見はあまり聞かない、経験があまりに私と違いすぎるからである、確かにやってみなくては分からないが、やらなくても答えが出ている事は、自分の経験を信じる事にしている。

しかし私はあまり電気を勉強していないから時折的外れな事を話すらしい。

このブログでもけっこうおかしな文章があるらしい、出来る限り素早くなおしているつもりだが、そこは私の頭が足りないとして許していただけたらと思う。

しかし、我がJBLの音は、レコードを選ばずCD以外は本当に聞きやすくなったと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA