[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

限りある部屋でのオーディオの限界

遂に私のJBL4560BKシステムは普通に鳴った、JBLはなかなか普通に鳴らないのだ、色んなユニットを個人の感覚で選び、私的感覚でネットワークを作るからだと思う。

歪み感のない、JBLなりのワイドレンジで、殆どのレコードレーベルがうるさくならない鳴り方で、しかもクリアーである、やっと自分の思うレベル迄鳴ったのを確信した、長い時間疲れないで聞けるのは話すまでもないだろう。

このボックスの特性上、これ以上鳴らすにはもう少しバワーを入れても、近所から苦情の来ないような、ある程度の広い部屋があれば、このシステムは更に高嶺に昇れる。

そこで更に電源やケーブルを強化すれば多分一応完成となると思う。

オーディオに終わりはない、これからもまだ時間のある時にやって行くが、私はケーブル屋だ、いつまでもオーディオだけにかまけている訳にもいかない、今より優れたオーディオケーブルを作る為に、気になっていたシステムの違和感をなおし、強化してきた、なぜならば私がいつもまともな音を聞いていないと、優れたオーディオケーブルを作るのは不可能と感じたからだった、私のシステムが独特の音ではケーブルも独特な音のケーブルになってしまう、そう思ったからだ、それと、出来上がったケーブルを検証するのに、繋ぐシステムの音が標準的になっていないと、やはり優れたケーブルを聞き分ける事は出来ない、そう思ったのである、本当はもう一つ、小さな(16センチ)フルレンジのスピーカーが必要だ、低音や高音はまだしも、ネットワークも何も通していないくせのないスピーカーでのケーブル検証も、必要になってくる、でもJBLはやっと自分の意図した音になった、さあ次へ行こう!と言いたいところだが、住宅ローンがまだオーケーが出ないのだ。

一部の馬鹿の為に銀行の保証会社の審査が最近厳しくなっているのだ、今はなかなかローンが通らなくなっているらしい、まあそれはなんとかするが。

システムがまともになったら部屋が大切だ、分かってはいたが、今の限られた条件でまともな音を鳴らせないのでは、ちゃんとした部屋を作っても上手く鳴らせない、私はそう思って頑張ってきた、それがやっと実を結んだのと、狭いこの部屋での努力は私にオーディオを上手く鳴らす為の、膨大なノウハウを与えてくれた、もう怖いものは何もないかな?

どこをどうすればどうなるかが、だいたい分かった気がするからだ、広い部屋になればそれなりにまた別の問題があると思うが、狭い部屋よりは作業もやり易いと思う。

でも、ものには順序がある、上手く鳴らないからと部屋を変えるのはあまり賛成出来ない、ある程度、限られたスペースの中で悪戦苦闘し、上手く鳴らせた人が良い部屋に移った時、更に上手く鳴らせる訳で、やはり部屋が音を決める訳ではない。

私はそう思う、人は各々に色々な条件があるが、生き方が極端に間違えていなければ、誰にでもお金が集まる時は来る、それまでは今自分がやるべき事を、一つ一つ丁寧にこなしていく事である。

無理をせず、今やるべき事、今出来る事をコツコツとやる、これに勝るものはない。

私の住宅ローンもそのうち通るだろう、世の中そうなるようになっているのだ。

その時の為に今はやるべきことをやり、力を蓄えている、そんな感じだ。

私には分かっていた、オーディオはいつか自分の思ったとおりの音になる事を、私にはそれが出来る環境にあったこと、またそれを黙って見ていてくれた家内に私は感謝しているのである。

私はまだみなさんに何にも伝えられていない、これからも毎日ブログを更新する、みなさん、宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA