[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウエスタンスピリッツのケーブル実験

私は過去から、いったい何本のオーディオケーブルを作って来たのだろう、今でも、ずっと本当の答えを知りたい、暫くケーブル研究は頭では色々考えていたが止まっていた、しかし今回、リッツ線ラインケーブルに挑戦してみた。

それと今回使ったのは、比較的どこにでも売っている日本の被膜(ポリウレタン)を施された、普通の銅単線0.29㎜фだった事である、この太さが絹糸を強く巻き付けられる限界だった事もまた不思議な巡り合わせだった。

ずっと使っているウエスタンのケーブル素材は、数が少なく値段が高い、このままでは近い将来、音の優れたものは、なくなってしまうだろう、現にもうほとんどない。

私は以前から、作り方によって、日本の銅単線でも、音の良いオーディオケーブルを作る事が出来ると思っていたので、知り合いの薦めもあり、今回作ってみた。

今回も、もっと細やかにプログで公開しようとしたが、あまりに内容が細か過ぎて文章にならないので、簡略化させていただいた。

そして昨日、私は更なるケーブルを作った、今度は0.29㎜ф単線を28本にして、リッツ線ラインケーブルを二本作った、22.8592である、前回は24本がベストで、36本は駄目だった、その間をとってみた、CDからプリアンプ迄と、プリからパワーアンプまでである、丸三日たったら、ちょうど知り合いが聞きに来られる。

昨日のファーストインプレではかなりの音だった。

今回のリッツ線に限らないが、実験はあり得ない位の数値から線を増減していかなければ、答えはでない。

今回は最少から最大まで実験をしたが、あぶり出した数値は24本より上、36本より下間にベストがある、それが分かっただけでもラッキーだが、ケーブルメーカーはここまでやっていないと私は思う。

聞いてみたら、自分が作ったケーブルでなくとも、分かるものなのだ、それはなぜか?私は自分でさんざん実験しているからだ、市販のリッツ線は値段は高いが、良い音がしない、まあメーカーとしては、商業ベースにのれば良いわけだから、あまり比較にならないかも知れないが。

とにかく、良い音がしないならば、私は只でもいらない、邪魔なだけだからだ。

ならば私は音の良いケーブルを作ろうと思った、それを私のプログを読んでいただき、興味を持っていただいた一部の私の考えを分かってくれた方々に、使っていただけれは幸いだ、そう思う。

オーディオケーブルは聞いて、良いか、悪いかただそれだけである、他には何もない、ただ残念な事に、その答えはすぐにはでないのだ、エージングに多少の時間がかかるからだ。

よくこの言葉を耳にする、時間の経過と共に、ケーブルの音に耳が慣れる、そんな事は絶対にない、エージングとは、ただ繋いでいる時間ではなく、音楽信号を流し聞いた時間の事なのだ。

みなさんは、私の様にこれを生業にしている訳ではないので、普段の生活の中で、毎日三時間聞いてる時間は、普通の人には、まずないだろう、もし、それが出来たとしても、土日か祭日位のものだろうと思う、だから私は、モニターケーブルの貸出しを一ヶ月と定めたのだ、実際それでも足りない、分からなければ、分かるまで期間を延長していただいて大いにけっこうです。

エージングは、ピンケーブルで72時間、スピーカーケーブルで100時間は最低でもかかる。

私は、オーディオケーブルは、定数の変えられないフィルターと考えている、だから作り方や被膜の質で音は驚異的に変わる、と言いたい訳だ。

しかしこれだけは、市販されてる出来上がったメーカー製のケーブルをよしとして、お使いの方には、永遠に分からないだろう。

それが最高だと思っているのだと思う、その考えは別に正しいとも合っているとも、私は思わないが、少し残念ではある。

何も知らないで人生終わるならそれも幸せな事なのか、人間知らない方が幸せな事もたくさんある。

しかし私は駄目だ、オーディオの事だけは、徹底的に知りたい、何も知らないで、ただ高いものをたくさん揃えて、良いと思って聞いている、これは私の考え方だが、それでは何だかただの馬鹿みたいではないか。

しかし今回の0.29㎜ф24本のリッツ線ラインケーブルの音は確かに凄まじく素敵な音だ、あれからまだまだ変化し続けている、そして更に今回28本である、変わらぬ訳がない。

どんどんクリアーになり、低音が出てきて、いったいどこまで鳴るのだろう。

完全に分厚い鉄筋のコンクリートの床が震えている、カウントベイシーのウォームブリーズである。

本当に凄い低音が入っている、このリッツ線が私に教えてくれた、お前のスピーカーはまだまだ鳴るよと、JBL4560では鳴らない音域だと思っていた、だから尚更広い防音のリスニングルームが欲しくなるのだ、これもクリアーして作る事が出来る。

ちゃんと聞いてからでないと、このリッツ線ケーブルは商品化出来ない。

この先またこれを遥かにしのぐケーブルが、私には作れると思う、今のところやはり部屋しだいだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA