[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

音が汚い

私は総てをリッツ線に交換する前に、ウエスタンの単線をずっと使ってきた、それは販売している現行のウエスタンスピリッツケーブルとは違った、殆ど流通しないウエスタンの単線である。

私は昔そのウエスタン単線をネットワークからドライバーに使っていた、中音がよく出るからだった。

お客様への販売を優先させる為、自分はその線で良いと思い疑いもせず、ずっとラインケーブルにも使っていた。

しかし今まで良いと思っていたそのウエスタン単線も約0.6ф(㎜)なのだが、今回のリッツ線と比べ、はじめて音が汚いと感じた、感じたと言うより気が付いたが正解。

リッツ線は、素線の径や使う本数がシビアである、ケーブルとして出来上がった時、そのバランスがとれていれば、日本製の単線もかなりなものである、と言うことなのだと思う、一番肝心なのは、素線のメーカー(ブランドである、ウエスタンやヴィンテージ線)ではなく、やはり作り方なのだ。

そのウエスタン単線は、ウエスタンのトランスをほどき取り出す訳だが、それでも一つのトランスから30メートルもとれないのだ。

もう要らないな…そう感じる。

では汚い音とはどんな音なのか?

高域があまりのびない、音が中域により、低音もあまりのびない、そしてリッツ線と比べ、うるさく感じたのだ、音が最後まで出ないで、くいとまった様な雰囲気なのである。

ウエスタンの素線が総てその音とは言わないが、巷に出回っているウエスタンのケーブルは、殆どがその線の音の傾向がある、言葉で話すと難しいが、丁度耳の中に水が入ったまま聞いてる様な感じなのだ、それがウエスタンスピリッツのJBL4560システムと微妙に合わさり、個人的に圧倒的な力のある音と今まで感じていたのだと思う。

しかし、それを遥かにしのぐリッツ線が繋がり、やっと暴露された、そんな感じなのだ。

よく我が家に来られるお客様達は、みなさん独特な音だと驚いていたが、ご指摘いただいた方も確かに数名いらっしゃる、その「独特な音」の原因は、どうやらウエスタンのトランスをほどいて、個人的に作り聞いてきたケーブルのせいらしいとここに来てやっと気がついたのである。

ある有名なオーディオショップの店主は、店にウエスタンの名前を掲げながら、ウエスタン単線は古いので不純物がたくさん入っていて、音が汚いと言っていたのを思い出した。

最新の何Nだから、不純物が少なく音が綺麗だとは個人的には思わない。

しかしその意見も、どこか一理あるなと思った、そのウエスタンの素線はトランスの為の線なので、それがケーブルに向いているかどうかは分からないではないか?トランスに巻いて初めて実力を発揮する線だったのだろう、そんな事を考えていた。

しかし現行のウエスタンスピリッツケーブルで使っている素線は滑らかでクリアーな音である、全く違う素線なのでご心配なく、ブラックエナメルは剥離剤で丁寧に溶かしている、だから傷は付かないし、表面に施してある純銀のメッキもはがれる事はない、すべすべしたビロードの様な肌触りの良い音がする。

ケーブルとしてはじめから開発された線とトランスの中に巻かれている素線とはやはり違うものなのだ。

そんなものをウエスタンと称して販売している方が実にたくさんいらっしゃる、売れれば何でもあり、これは嘆かわしい限りだ。

だからウエスタンは中域しか鳴らない等と言われてしまうのではないか?しっかり鳴っているウエスタンの音は、みなさんが話されている様な、中域重視のこもった音とは違う。

実は発音がハッキリした、鮮やかな音なのだ、これは理屈ではない、事実である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA