[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

なぜリッツ線実験をやったのか?

この度思うところあり、ウエスタンスピリッツはリッツ線実験を徹底的に行った。

優れたオーディオケーブルがあまり存在しないからである。

リッツ線に限らずオーディオケーブルは解明されてないゾーンが多い、なので様々なメーカーが優れた素材を使い、色んな作り方やコンセプトで次から次へと新製品が開発されてきた、開発と言うより発売されてきた。

しかし個人的に優れていると思ったケーブルメーカーは皆無であった、それならば他を寄せ付けないケーブルを、自分が作ってみようと思った。

ケーブルはたんなるオーディオアクセサリーだ、何を購入してもそんなに変わらない、そこそこのを繋いでおけば充分だ、そう言われて久しい、本当にそうだろうか?ならば総てを繋げているのは何なのだろう、ケーブルではないか?ケーブルがなければ電源すら入らない、音も出ない、それ以前に機材が繋がらない。

総てを繋げてるケーブルで音が変わらない筈がない、そう思ったのだ。

ウエスタンスピリッツは今まで、吟味したウエスタン単線をより合わせ、ラインとスピーカーケーブルを既に完成させていた、自分で言うのも何だが、かなりのケーブルだ。

そして、幾多の耳のうるさいお客様を唸らせてきた、しかし仲間に二人、私のケーブルの音にご指摘をされた方がいた、それはこうだった。

最低域や中高域や高域に、僅に誇張したような癖がある、でも音は良いと言われた、そしてもっとオーディオケーブルを理論的に作ってみたらどうだろうか?理論的に分析出来るかもしれない、リッツ線ならば、計算が必要になるし、今よりは理論的に作れるのでは?とのお話しだった。

参った!私は勉強をしていないので、数学はおろか、算数さえまともに分からなかったのだ、その仲間や家内に何度も教わりながら、私は何とか、必要な算数を勉強した、好きな事に絡んだので時間はかかったが何とか理解出来た。

常々オーディオはエネルギーロスとの戦いだとお話しして来た。

リッツ線の表皮効果の改善効果の研究実験は、正にそのエネルギーロスの低減に打ってつけのものだと思ったのである。

個人的にウエスタンスピリッツのケーブルは、ウエスタン単線で完成させていた、そのケーブルでもう充分だと感じていたが、リッツ線の表皮効果の改善効果は、計算では解明されているが、音に対する、素線の径と、本数に関する良いと思える加減の答えは、誰も出していない筈との事だった。

確かに音の良いリッツ線ケーブルが出来てないと思った、そう聞くと、それならばウエスタンスピリッツが徹底的に実験しようと思ったのだ。

しかし私の出した研究結果は、あまり世間のケーブルとは答えが一致しない、それは何故か?被膜が全く違うのだ、ウエスタンスピリッツは絹糸を強く巻いて被膜を作ると同時に、それで音質を作っているところがあるのだ。

でも他のケーブルの被膜を知らないで話をしている訳ではない、過去にも今回も総てを試し、やはり良くないと結論付けたのだ。

ウエスタンスピリッツのオーディオケーブルは音が開放的だ、これは私のケーブルをモニターされた方や、ご購入された方々が話されているのだ、解放感と言う意味では、どんなに高価なケーブルにも負ける事はないと思う。

勝つ負けるでなく、はじめから作り方が違うのだ、違うのは当たり前だが、絹糸よりも静電容量が少ない被膜は確かに存在する、しかし数値だけで音には反映されない、その素材は弱く、絹糸の様にケーブルの音を作る程の強度はないのだ。

とにかく独特な作り方で、今回ウエスタンスピリッツは、リッツ線の素線の径と本数をなんとか近い所まで割り出せたと思う。

実験と言うのは、かなり大袈裟な数値からスタートして、足し算と引き算をして追い込んでいかなければならない、リッツ線を見渡すと0.03ф(㎜)位から0.3ф位の素線を使う事が分かった。

先ずは単線の径の音を知らなくてはならない、殆どの径を仕入れてきて、一本ずつで音を聞いていった、その結果0.12ф単線の音が全帯域のバランスが一番良かったのである。

色んな素線の径の混合もやってみたが、色々合わせるとややこしい音になったので0.12фに仲間のお薦めもあり、素線の径を決めたのである、後は目標にする素線の径と、その本数であった。

ウエスタンスピリッツには雛形があった、0.6ф(㎜)単線の径である、では0.12фを何本合わせたら同じ断面積になるかである、25本で計算上は全く同じ径になるが、聞いてみると少し寂しい、そして本数を上下しながら試聴を繰り返すと、0.12фを27本が帯域バランス的に一番聞きやすいと思ったのである。

なのでウエスタンスピリッツは、0.12фを27本を0.6ф単線一本と定めたのである、後はそれを何本必要になるかで決めていった。

先に完成していたウエスタンスピリッツラインケーブルは、プラスに0.6фを四本、なのでプラスに0.12фを27本を四本合計108本とした訳だ。

リッツ線はかなりの音質改善効果がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA