[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

アルゲリッチ チャイコフスキー、ビアノ協奏曲 第一番


はじめに。このブログは、音楽よりも、どちらかと言うと、オーディオ的な呟きです。

単なるどこにでもある日本盤である。昔レコード屋さんでよく並んでいた。中古しかない今でも、比較的見つけやすいと思う。

でも、やっぱり名盤だったんだ、そう思った。このレコードは昔、友人の部屋で一度だけ素晴らしい音で聞いた事がある。

今の今まで私は、たいしたことのない単なる日本盤だと思っていた。

私が24歳の時だった。友人の鳴らした音は本当に素晴らしかった。定位もフォーカスが決まっていて、ピアノの低音弦が地を這うような鳴り方で、総ての楽器がクッキリと分離した鳴り方をした。聞いた時、惚れ惚れしたものだ。

でも、たまたまそこでしか上手くならないレコード、ずっとそう思っていた。

今日はもっと鳴るレコードジャンルがあると感じ。あまりジャズを聞く気がしなかった。ジャズは当たり前の様に、我が家では上手く鳴るからだ。

このレコードの前にもチャイコフスキーの六番、悲愴をムラビンスキーの指揮で聞いていた。とても上手く鳴るのである。

やはり装置は進化したのではないか。また装置がレコードを選び出したのかも知れない。多分そうだ。

普通このピアノは、かなり上手く鳴った装置でも、ハンマーで叩いた様なゴーンと言うピアノの低音弦の一本調子な音がする。

今日は地を這うように、クリアーに、リアルにピアノの低音弦がはじめて鳴った。この音は昔、友人が、YAMAHAのNS-1000で鳴らした音と酷似している。NS-1000である、NS-1000Mではない、黒檀のボックスの方である。

チャイコのピアノ協奏曲一番は普通、途中の曲調が私には間延びして退屈なので、なかなかA~B面を通して聞けないのだが。今日は、楽しいので最後まで聞いてしまった。

ビアノの弦の音の分離した感じがなかなかである。まるで弦が震えて風を切ってる音迄聞こえるみたいだ。

このスピーカーはJBLの4560BKオールホーンシステムである、こんな風に鳴る筈がないのだが鳴った。

このレコードは諦めていて、多分十年は針を通していなかった。今までどんなに上手く鳴った時でもこんな音は鳴らなかった。

オーケストラも気持ち良くて、風の様だ。

指揮者はシャルル・デュトワ ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団である。

システムはまた、前よりも遥かに鳴ってきた。これはエージングが進んだからではなく、今年の努力の成果である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA