[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

深夜の小音量再生再び

遂に、昼間に聞いた音と全く変化がなくなった。これは凄い事です。

リッツ線をたくさん作り実験し、ネットワークの固定抵抗を何度も動かし、トーンアームの内部配線を交換し、
ヘッドシェルのリード線を交換し、ドライバーにネットワークからダイレクトにリッツ線スピーカーケーブルを接続し、優れた本物のツィーターを探し購入し、ブリの出力にパワーの入力と同じ値の抵抗を回路に仕込み、実に様々な裏技をやって来た。そしてその総てがやっと手を結んだ。昼間にずっと聞いていて確信した。

もうMCヘッドアンブは繋がなくても、夜中もしっかり鳴るだろう。そう思った。

そして、その結果はやはり思ったとおりの音だった。

いくらプリアンプがCROWNのIC-150AでパワーがDC-300Aでも、スピーカーがJBL4560でも、オルトフォンSPU A/Eを繋ぎ、MCヘッドアンブを繋がずに、一番下から一つ目のボリューム位置で、こんなに鮮やかな音が鳴るシステムは多分あまり存在しないだろう。

音量の不足はもう全く感じない。人によってはボリュームが足りないと仰る方もいらっしゃるだろうが、個人的には感じない。お断りしておくが、これは一切の妥協なくである。

このウエスタンスピリッツシステムは、今までは小音量で、こんなに鮮やかに鳴った事は一度もない。今まで鳴ったと思ったのは錯覚だったのだ。

単なる普通より少し良い音で満足していては、この音は鳴らせなかっただろう。

こんなに狭い部屋で、こんなに最悪な電源の環境で、今、目の前で鳴った音は、驚異的な音である。

超高域から重低音迄しっかり聞こえる。しかもこの中域の鮮明さは滑らかで広がり、群を抜いてると思う。いつも話すが、これは自慢ではない。

早く広い電源の整った静かな部屋で、同じく聞いてみたい。もっと違うと思う。後約二ヶ月の辛抱だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA