[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

CAL TJADER THE SHINING SEA


1981年(米)Concord CJ-159

CAL TJADER-VIVES

SCOTTHAMILTON-TENOR SAXOPOHNE

HANK JONES-PIANO

VINCE LATEANO-DRUMS

DEAN REILLY-BASS

私はこのレコードを今年、未開封で購入出来た。今日が針を通す一発目だ。今までは日本の東芝盤だった。

日本盤と比べて音の落ち着きが全く違う。日本盤は低音も高音も持ち上げすぎである。いただけない。やはり米盤の音はセンスが良い。

米盤は嫌らしい音が一切なく、本物だなと思う。つまり、楽器の音がするのである。低音だけではなく、音全体が素直である。

このレコードは本当に音が良い。

強いて言葉で話すと。ラテン系の演奏で、たくさんの細かい音が交わらず、スピーカーから綺麗にはがれている。そんな感じである。

とても楽しめて。オーディオ向きである。

演奏内容は話す迄もなく素晴らしいと思う。私の好きなScott Hamilltonも入っている。一言、エレガントで鋭く、キビキビしていてお洒落である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA