[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

家内はこの部屋の音を柔らかい音と言った

私もそう思う。しかし、女性の感性はやはりちがう。家内はこのリスニングルームの音を柔らかくクリアーと感想を言った。

床は27㎜厚の合板、それを下から30㎝おきに太い角材が、これでもかと支えている。階下には殆ど音が漏れる事はない。もれてもあまり音楽と認識出来ない。その上に店舗用の固いタイルカーペットである。

確かに以前とは違い、スピーカーとの距離がかなりあるので、刺がなくクリアーなのだが音が耳に刺さって来ないのだ。好ましいと思う。

実にのびのびした鳴り方をする。特にピアノ、ヴァイオリン、チェンバロ、シンバル、トライアングルの音が良い。

狭い部屋ではこの様な余韻の様な音は、私のシステムでは聞けなかった。

しかし主観だが。この部屋は、B&W等をはじめとする現代のハイエンドが上手く鳴る気もする。

今一つJBL4560BKの低音がさっぱりしていて、私は面白くない。

JBプロジェクトのブロンボ 神保のバスドラは引っ越す前の狭い部屋の方が、重くて重量感があり、私は好きだった。

しかし定位が小さくなったので、多分こちらが正解かも知れない。対策としては、もう少し後ろの壁に4560を近付けた方が低音は出て感じるかも知れない。

まだまだ問題山積である。私の想像どおり新しい部屋は、なかなか上手く鳴ってはくれない。これからが勝負だ、大変だぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA