[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオ、鳴らしはじめのカートリッヂの音

アナログは確かに優れている、しかし泣き所が一つある、良い音になるまでかなり時間がかかると言う事。

季節によって部屋の温度が違う、寒い時は、エアコン等で室温を17~18°にしないとなかなか良い音にならない。

しかし今は初夏である、それでもレコードを2~3面はかけないと良い音にならない。しかし一旦良い音になってくるとかける程良くなってくる。

CDもアンプもそうである、電源を入れて一時間位鳴らすと良くなってくる。

暖めないと駄目だと言う人がいるが暖めるとは電気的な事であり、温度の事ではない。

しかし昔カートリッヂをよくドライヤーで暖めたりしたものだ、あまり良くないらしいが。

とにかくオーディオをシビアに鳴らそうとすると時間がかかる。

そうしなくてもそこそこの音にはなっているが、やはり鳴らしはじめとはずいぶん音が変わるものである。

カートリッヂにはカンチレバーを支えているダンパーと言うものがある、そこは人間で言えば筋肉のようなものなのでやはりウォーミングアップみたいなものが必要なのかも知れない。

もしくはコイルの発電の関係なのかも知れない、そこのウォーミングアップが必要なのかも知れないが、カートリッヂは鳴らせば鳴らす程音が良くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA