[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

音は遂に、四方八方へ鳴りだした

昨日、2.6㎜фの絹巻き電源ケーブルのお話をした、今日もそのお話と被る。

ずっと思ってきた、オーディオは整ってくれば必ず自由に音が飛ぶ筈だと。

特に鳥の鳴き声である。ずいぶん様々なシステムで聞いてきたが、このように柔らかく鋭角に、自由に音が四方八方から聞こえる様な鳴り方は、正直初めてである。

自分がずっと思い描いた様に鳴ってきた。やはりかなり時間がかかるものである。

ここで音を決めようと、ネットワークを半田で留めてしまっては分からなくなってしまうのである。

音はまだ変化しそうである。

どんなソフトを聞いても音は四方八方に飛び、スタジオのミキサーが意図したような鳴り方をした。まるでマスター音源の様だ。

オーディオはどこまで鳴るのだろう。我が相棒JBLよ、もっと鳴ってくれ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA