[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ノイズカットトランス一次側のワイアーを1.6㎜фにした。

前回交換した2.6㎜ф単線ワイアーは、音が濁った、多分太すぎるのである。聞いている内にドライバーの音の鮮度が落ちて、低域はモコモコしだした。繋いだ時は良かったのに。このままではツィーターの有無や、繋がったドライバーの音を正確に掴めない、そう思った。

最近手に入れた純度の高い1.6㎜ф単線ワイアーに繋ぎ換えた。

いきなりクリアーである。音が止まった瞬時に特にウーハーの制動が利き、ピタリと止まり、その後に広がりの様な雰囲気のある音があるのに気が付いた。所謂切れの良さと奥行きと空間表現みたいなものである。それが何ともカッコいい。

トランス一次側で、ケーブルを変えても音が変わらないは全くのデマである。ここも太さで全く違うと言う事である。

そして耳に絡んでいた音が綺麗サッパリなくなった、これは好ましい事である。

常に止まっていてはいけない、答えがないいじょう私は足掻き続ける。

システムによってその数値は異なると思うが、絶対にトータルバランスでの一点は存在する。

しかし前回までの2.6㎜ф単線は約三週間は聞き込んだ、その位聞き込まないと答えは出せない、ここは面倒だが、事実変化するのだから仕方がない。

少しこのままで聞いてみよう。しかし次から次へと不備が発覚する。更なる高嶺に近づいてきた証拠である。この様な積み重ねが大切である。何となくうっすら総てが見えてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA