[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ツィーターの必要性

まだオーディオを理解出来ない頃、ツィーターだけの音を聞いてこう思っていた。チキチキシーシーたまに鳴ってるだけ。何でこんなものからちゃんとした高音が出るのだろうかと。

しかし外すと低音も変化して、つまらなくなる、そう思っていて特にその理由も考えてなかった。

そして、ネットワークで継ぎ接ぎの様にユニット同士は繋がってるのだろうと。簡単に考えていた。

なので、メーカーの設計者は凄いなあと思っていた。

しかし、分からないなりに詳しい大人の意見を色々聞きながらネットワークを組んでいくと、確かにとても難しい。

憧れ聞いていたオリジナルの様には、なかなか上手く身の詰まった様に繋がらないのである。そして教科書を読んでなまじ分かってくる。

あれっ?とオリジナルのネットワークはあまり優れた部品を使っていない事に気が付く。そしてJBLオリジナルは、部品定数が教科書の計算とはかなりずれている事が分かってくる。

それでJBLのネットワークは部品の程度が低いし独特なカットの仕方なので良くない、自作した方が遥かに良いものが作れると詳しい大人に言われた。そして突き詰めるとJBLは鳴らないと言われた。

先ずはJBLの回路図を眺めて、全く同じ部品定数で、安価な部品を購入してきてネットワークを自作してみた。

完成して聞いた時は、自分で苦労して作ったので、驚く程上手く鳴って感じた。しかし暫く聞いてると細かい所に不満が出てきた。そう、勘違いである。

そしてオリジナルネットワークへ戻してみた。落ち着いていて聞きやすい音だった。でも全帯域解像度が低い感じがした。

さて一旦優れていると思った自作ネットワークの音がなぜ良いと思ったのかであるが。オリジナルネットワークは製造から時間が経っていた、その部品が新しくなったからではないのか?その時はそう思った。確かにそれも一理ある。しかし自分で作ったのだと言う自画自賛なのに後に気が付いた。

しかしここからまともに仕上げようと悪戦苦闘の末に私は、一旦、自作ネットワークを諦めオリジナルに戻して暫く聞いていた。

それはなぜか?基本が出来てないので、自作しても切りがないからである。自作ネットワークは正に地獄の一丁目なのである。

自分自身が絶対的な音を持っていないのにどんなに優秀な部品を使っても、コンセプトがブレているので部品定数が定まらないのである。

しかし今分かってきた。我が家は、ほぼ全ジャンル全レーベルそこそこに鳴っている。しかしやっと辿り着いた筈の更にその先があったのである。

その鳴らし方とは、ドライバーを素直にハイカットしないで鳴らし、その上に僅かなエアー感を出すと言う技法である。

電源環境が弱かった昔はこの方法は上手くいかなかった、今ならば違った答えが出るだろう。そう思ったのである。

その予想は今のところ見事に的中したのかも知れない。と思っていた、しかし何か変なのだ。

つまり私の狙いは、あからさまにツィーターが鳴るのでなく、ほんの僅かドライバーの帯域の足りない所を補ったに過ぎないからではないだろうか。

少し薄口の鳴り方である。ようは繋がってる周波数が耳であまり分からない、これこそが理想の鳴り方に一瞬感じるが。たくさんのソフトを色んな場面で聞かないとエージングも含め、答えはでないのである。

その答えは一週間程で分かるときもあるが、時に一年位かかる事もある。先入観である。

そして最近、やっとツィーターの必要性を心底理解出来た気がする。どこがどうのではなく総てであり、総てのユニットが合わさって鳴るのであって、それをバランスさせる事がネットワークを作ると言うことである。正に三位一体なのである。しかし何かちがう。

ツィーターの必要性を理解するのは、単に鳴っていなかった高い音が鳴った等の、単なる継ぎ足した様な簡単な問題ではない。高音は中域にも低音にも影響し、更には総てのユニットは各々に殺しあったり上手く繋がったり、貴方が聞いてるリスニングポイントが大きく影響しているのである。

つまるところオーディオは、長い時間、色んなたくさんのソフトを聞いていられるか?そして、聞きながら音量やジャンルに関係なく気持ち良く眠れるかであり、すぐに飽きるようならば、たいして鳴っていないと言うことである。

システムの前から離れたくない、それが究極のオーディオである。音に違和感があったら、私は気持ち良く眠れない。その証拠に、優れたクラシックコンサートは気持ち良く眠れる筈である。

この音は明らかに変だ。そこに気が付いた、そして元の5000Hzクロスに戻した。こちらが聞きやすい、そう思った。

男が浮気を繰り返す様に新たな音を私は求めていた。しかし元のさやへ収まった、そんな感じである。

しかし、これをもっと正確に検証するソフトはないものか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA