[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウエスタンスピリッツのケーブル理論

先ず、ケーブルは原音に対し素直であること、出来るだけ柔らかく配線しやすい事、音楽信号以外の音色をケーブルで付けてはいけない。
理論でなく、耳で聞いて、ケーブルの存在すら消えた様な究極のケーブルは作れないものか?私はいつもそう思う。
しかし上記に挙げた中でどうしてもウエスタンスピリッツは出来ない事がある、それは柔らかく配線しやすくである、音質だけを考え過ぎた結果どうしても柔らかく作れないのである。
私はこう思う、出来上がったケーブルを叩いた音そのものがそのケーブルの音を決める。
柔らかいとあまい音になる、絹糸に絹糸の音が、和紙には和紙の音が、ポリ系にはポリ系の音が各々中線の素材と合わさった音になる。
だから、スピリッツケーブル弾力性はゼロに近いこれも欠点なのだ。
でもそれら総てをクリアーするのが私の理想なのだが、音質を考慮するとなかなかそうもいかない。
しかも手で絹糸を巻き付けて製造しているため、どうしても長いケーブルが作れないのである、ピンケーブルでマックス2.5メートル、スピーカーケーブルで4メートルである。
話が少しそれたが。
しかし今までも、アホみたいに色々比較の為に市販品を自分でも購入してみて、自分で聞いてきて、主観だが、ウエスタンをしのぐケーブルが今のところないのも事実だ。
どのケーブルもそうだが、現代のケーブルは中身も被覆も太すぎどれを聞いてもたいして音も変わらない。私のケーブルをモニターして頂いた方から感想を言われる、やはり古いのでウエスタンはケーブルもレンジが狭いと、それは先入観だ、そんな事はケーブルには決してない、作り方でウエスタンとは別のものになっている、私はウエスタンの線の素材の音が好きで使っているだけで、ウエスタンエレクトリックが好きな訳ではない、実際に私のケーブルを測ったメーカーがある、その数値に言葉をなくしたそうだ、直流抵抗、周波数特性、特にダイナミックレンジは少し下に(低域)寄っていて、上はかなりのハイまでフラットだったらしい。
嬉しいが測定しても分からないと思っている。
そんなに簡単なものではないからだ。
残念ながらウエスタンスピリッツのケーブルはその特殊な行程から機械では絶対に作れないのだ。
そのメーカーは試作品をくみひもで作り持ってきたが音があまく薄く、比較にもなにもならなかった。
我がJBLの音を聞いて腰を抜かしていた。
その方は五本位作り我が家に持ってきて、結果、作るのを断念した。
絹糸を強く巻き付けて作る以外に中線の振動を適度に抑えて音を滑らかにして響きを良くする方法は今のところないのだ、絹のくみひもではどんなにテンションをかけても強く中線に密着出来ないのだ、その程度の事は私が総てやり尽くしている。
私のケーブルはどんなに測定値で調べても解析不可能だと思う。
みんな失敗に終わっている。
聞くのは測定値じゃない耳なんだ、私はそれが言いたい。
私のJBLがこのような鳴り方をするのは、多分ケーブルとネットワークと細かなセッティングだと思う。総ては大好きな我がじゃじゃ馬のJBLを鳴らす為に努力してきたのだ。
ケーブルで音がこれほど変わるなど正直大変な事なのだが私はあえて完成させた。
これからはいかにこのケーブルを安く出来る様にするかだがこれがなかなか難しい、素材は落としたくないからだ。
日本の単線で作りウエスタンだと言って安く販売してるアホがいる、買ってみたが似てもにつかない酷い音だった、ネットオークションだった、たくさん出ているがどれもたいして変わらない。
変わらないのであれば私は一メートルペア四万円等で売らない、以前はこのケーブルは一メートルペア14万円だったのだ。
モニター応募も受け付けている、当選すれば一ヶ月ただで聞けるが、今繋がってるケーブルと合わさるからなかなか分かってもらえない方も多い。
コツはプリとパワーアンプの間に繋げるとよくわかる。
出来たらスピーカーケーブルと合わせて貸し出したい。
でも長いと製造の行程上作れない。
とにかくウエスタンスピリッツケーブルは滑らかで音の分離が良い、貴方の鳴って欲しい音になる筈だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA