[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウエスタンスピリッツオーディオケーブル考

オーディオケーブルは定数を変えられないフィルターである。先ずはこれを念頭に入れていただきたい。

すると、「ケーブルで音が変わらない」なんて事にはならない。良いにせよ良くないにせよケーブルで音は変わるのである。

電子はマイナスからプラスへ流れる、そして電気信号はプラスからマイナスへ流れる、だから電子のスタートのマイナスが肝心であると私は思う。しかしオーディオは交流である。

ピン端子を見るとそれは明らかである、マイナスの接触面積がプラスよりも大きい。

まあ講釈はこの辺でお開きに、しかし後に出てくる。

ウエスタンスピリッツのリッツ線はプラスだけである、マイナスは1.6㎜фの単線一本である。

だから本当はリッツ線タイプと言った方が正解。なので今まで市販されたどのリッツ線とも音が違うのである。

では音がどう違うのか?であるが。普通のリッツ線はプラスマイナスがリッツ線になっている。その為か音に芯がない。

しかし、マイナスに1.6㎜фを使い、プラスと合わせ平行に作る事により合わさって固くなり、音にしっかりした骨格と、エッヂのたった素直な滑らかな柔らかな高域が形成されるのである。

そしてリッツ線のメリットは、高周波になるほど素線一本一本の表面を流れようとする電気の性格を利用した表皮効果を狙った作り方である。

ウエスタンスピリッツは絹巻きケーブルが特長である。表皮効果を狙ったリッツ線の表面に絹巻きをする、それが適度に高域の暴れを抑え、滑らかで力強い音を作る事が出来るのである。

つまりシルキーな甘さのない滑らかな音になるのである。なのでリッツ線の良いところと単線の良いところと絹巻きの滑らかな音を、音質の優れた断面積を割り出したことにより同居させる事が出来たのである。

しかし簡単には作れなかった、最後の最後に0.12㎜極細単線を、三本追加させるかさせないかで随分迷った、何度も比較試聴をして、追加させた方が優れていると判断。正にコウモリになった様な気分だった。

さてお気付きであろうか、マイナスに1.6㎜ф単線を使う意味を。そう、オーディオケーブルに肝心なのはマイナスに使うワイアーの太さが一番の問題なのである。

あいも変わらずネットオークションでは、馬鹿の一つ覚えの様にウエスタンウエスタンと騒いでいる。実はちゃんとした理由があるのである、公開は出来ないが、購入してみるとわかる、実に汚い品のない汚れたレンジの狭い音である、力がない。ウエスタン以前にケーブルの作り方を間違えているからである。

絹巻き絹巻きと皆さんは話している、ウエスタンのワイアーは絹巻きしてはいない。殆どがくみひもタイプ(スリーブ)である。巻いていても薄く経年変化でかなり痛んでいる。

ウエスタンスピリッツはそれを全部ほどいて取り去り、裸単線にしてから私が手巻きで強く絹巻きしているのであって、ウエスタンの絹巻きは最早甘すぎて被膜とは言いがたい。

しっかりしていてはじめて絶縁体となるのである。50年も経った天然素材被膜を絹巻きとは笑える。しかも巻きはフワフワしていて甘い。

そしてその音も非常に笑える。ウエスタンのワイアーは径にもよるがしっかり作る事が出来れば凄まじい音になる。

しかし、ワイアーの質よりも、やはり作り方に軍配が上がる。

ウエスタンスピリッツのオーディオケーブル考とはこんな感じである。

ウエスタンスピリッツのオーディオケーブルとは、システムがしっかりしていれば多分、繋いだ瞬間に高笑いしてしまう、そんなレベルの音である。

そうでなければ、私は、自分の手を痛めてまで絹巻きケーブルを作る意味がない。それにリッツ線はウエスタンではなく、日本のPEWワイアーである。

ケーブルは正に作り方で決まる魔物である。どんな素線を使っているかも肝心だが、プラスマイナスの素線の太さと作り方は、凄く変化が大きい。

リッツ線はまだだが、一ヶ月無料でウエスタンスピリッツ絹巻きケーブルのモニター応募をしている。一度貴方のシステムに繋げてみて欲しい。貴方が支払うのは返却時の送料だけである。しかし最近返却されずそのまま購入が多い、ピンケーブルは左右ベアでワンセット四万円である。ウエスタンスピリッツのホームページからお願いいたします。

更にこのブログの過去の失敗談もお暇な時に総て読んでみて欲しい。総て今に繋がっているからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA