[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオケーブル考、その2

今までのウエスタン0.6㎜ф裸単線を四本捩ったケーブルと、ウエスタンスピリッツが新たに開発したリッツ線オーディオケーブルの音を新居で試聴して判断したい。前からそう話していた。今その最中である。

部屋もオーディオに都合よく馴染んできた、細かいメンテナンスも終わった、ウッドポールのラックをやめて、重くしっかりしたラックにした。

200V30Aの単独回路も馴染んだ。ノイズカットトランス四台も、その一次側も二次側にも繋げた絹巻き単線ケーブルも馴染んだ。リッツ線も後僅かな直しはあるが、とりあえず総てに繋がった。他にも色んな実験をした、そして、そのまま鳴らして半年経った。

それらの音は未だに変化し続けている。しかし良くはなっても悪くなる事がないのはもう経験で分かっている。

結果が出た。

やはりリッツは優れてると思う。柔らかく細やかで、前後左右上下に奥行きと広がりがあり、のびのびして再生帯域が広く力強い。

リッツ線も、一ヶ月無料モニターを少ししたら開始いたします。リッツ線は、まだ在庫がなく、少し作らなければならないからである。

旧ウエスタンスピリッツケーブルは確かに素晴らしい。リッツ線と比較すると、僅かだが若干帯域幅がナローで閉塞的。リッツ線ケーブルは柔らかく開放的で広がりがあり爽やかである。

申し訳ないが、こちらも進歩する。やはりその先があったと言わざるをえない。これからもその進歩は続くと思う。しかし旧タイプのケーブルとどちらが優れているかは簡単に答えが出る程単純なものではなく、双方供に魅力的な鳴り方をした。これもまた事実である。

コンセプトが全く違う。帯域が広く音の広がりもある素直なのが今回開発したリッツ線である。

それに対し帯域は僅に狭いが、音に強い芯と勢いのあるのが旧ウエスタンスピリッツの今までのケーブルである。

一つお断りしておく、旧タイプはウエスタンの素線を使っているから帯域が狭い訳ではない。帯域よりも音の芯や勢いを狙ったコンセプトだからである。

今までのケーブルは、ウエスタン単線を使用していた。今回のリッツ線は日本のPEW被膜の線である。

しかし、両者共に素晴らしく、全くあい交えるところがない、つまりどちらが好きかなのである。ジャズ向きクラシック向き等とは少し違う。ケーブルにジャズ向きもクラシック向きもない。

少し無責任であるが、作者の私も甲乙つけがたいのである。どちらが良い悪いでなく。どちらも良い。しかし、鳴り方が全く違うのである。

もし聞いて気に入らなければ、ご試聴結果と共に送り返していただければいいだけである。後は何にもない。

私は、作ったケーブルに自信と誇りを持っている。なので、頭を下げてまで分からない人に購入してほしくはない。市販のどんな高価なケーブルとも音が違うから作っているのである。

今まで繋がっていたケーブルと貴方が比べ、良いか悪いか、ただそれだけである。だだ、両者ともに貴方のシステムの粗をあぶり出すケーブルである。それだけは確かだ。

かなりのところまで調整して鳴ったシステムで聞いていただければ直ぐに分かる筈、どちらも硬派なケーブルであります。

そして過去のブログも総て読んでいただきたい、一昨年、昨年とシステムは、色々やり直した。その失敗談も含めブログを総て読んでいただき、今回のリッツ線の完成をご理解願いたいのである。

旧ウエスタンケーブルも続けて現行とした。しかしウエスタンの素線だから音が違うのではない。旧ウエスタンスピリッツケーブルも、今回のリッツ線も端子や半田に至るまで徹底的に音質に拘った。しかし最後は、規格に縛られない音質の為だけの作り方だと言う事である。

とにかくオーディオケーブルは魔物であり、アクセサリーではない、立派なシステムの一部である。ケーブルで音が変わらない等と思っていてはお話にならない。全く違う、そしてさんざん作って分かったが絶対的な究極のケーブルは作れないと言うことである。

オーディオは交流の電気製品である。そして、ケーブルがないと何にも繋がらない。

そして、旧ウエスタンスピリッツが音質が良いと定めたウエスタン0.6㎜ф裸単線を四本捩った断面積に狙いを定め。

何度も色々な径の音質を聞いて、日本のPEW被膜の単線0.12㎜ф単線に定め、何本で上記と同じ断面積になるかを求めて作ったリッツ線は、素線の数が増えた表皮効果で、全帯域でとても優れている。リッツ線のメリットは高域だけではない。

そして、その素線をプラスとし、マイナスは1.2㎜фの単線一本とした、それを隣り合わせ絶対平行に強く絹巻きして束ねた。

これがウエスタンスピリッツのリッツ線ラインケーブルである。

市販のリッツ線の様にプラスマイナス同じ線にしたのとは音がまるで違う。柔らかい素線同士を隣り合わせるのとは違い。音に圧倒的な芯が形成されるのが分かった。

フワフワの力ない今まで聞いた市販のリッツ線とは違い、新たなリッツ線が完成したのである。当然プラスマイナス同じリッツ線も試したが音に芯がなく、お話にならない綺麗な広がっただけの音になった。

ケーブルは素材や被膜の違いだけではない、何度も話すがやはり作り方で天と地の違いがある。

では答えを出したい。ウエスタンスピリッツの作り方では、リッツ線はスピーカーのレスポンスが改善され、優れたケーブルである。

昔思った、ケーブルで音が変わるなど脅威だと。

リッツ線のモニター応募は九月からになり、数が揃いしだいこのブログで公開する事にする。

時間がかかり大変申し訳ない、リッツ線は後少しである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA