[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

CDの再生音のその後

電磁波対策を講じてから音は一進一退を繰り返している。そして最近またアナログが更に鳴り出した。今まで縛られていた電磁波から解放されたからだろう、音は日々変化する。そして真実が鳴ったのだろう。

こう思う、やはりCDがアナログを越える事は今のところない。しかし電磁波を吸収シートで対策をすると遥かに普通のCDよりは音質は優れる。しかしどうしても最後の最後まで音は延びきらず音がつまるかんじである。CDが進歩すればアナログも進歩をするのだろう。

昨夜家内と色々聞いていた、そしてマドンナの曲をアナログで聞いた瞬間、閉塞感がなくなった。

そして全く同じマドンナの曲をCDに変えた、そのとたんに音に解放感がなくなった。音が少し耳に刺さり違和感がある。

そしてまたアナログにした。違和感がない、音が柔らかく、広がりと解放感がある。そして音が濃く濃厚である。

やはり軍配はアナログに挙がった。電磁波を減らし、新しい曲はCDで、当時のソースはアナログで、これが一番である。

しかしこれに気付いたのも総てに電磁波対策を講じたからである。普通に聞いていたら分からない。

コロコロ言い方が変わり申し訳ないが、音は色んな場面で聞かなければ粗に気付かない。やはりアナログは素晴らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA