[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

アナログとデジタルの音の差

言葉で話すとこうなる。アナログの音は鮮やかなのだが、うるさくない。デジタルの音は情報量があり、かなり良くはなったが、どこか最後まで鳴りきらず、閉塞感を伴い違和感を感じる。

自然なアナログの音、人工的なデジタルの音。その両者の音の溝を埋める為に電磁波対策を講じてみた。

その結果、デジタルはかなりアナログに近づいた、しかしデジタルが上手く鳴れば、今度はアナログへの電磁波の影響が減り、やはりアナログが優れた。

つまり同じ音量で聞いた時に、隣の人と話が出来る、これがアナログで、聞こえづらいのがデジタルであると思った。

アナログは音の切れがよく例えばスピーカーのレスポンスが良くなる。デジタルは電気的に音の切れが悪く、スピーカーのレスポンスに迄影響している、そんな感じをうけた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA