[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

JR総武線船橋再び

前回はアナログが鳴らなかった。今回はそのチェックに、使用しているプリアンプを持参した。さて、どうなるだろうか。

やはりアナログは鳴らなかった。GASテァドラはノイズが増えていた。持参したプリを繋いでみた。見事鮮やかに鳴った。

お客様は即答だった。同じプリとそれに合うパワーアンプとノイズカットトランス二台のご注文が来た。

アナログが鳴らないので、CDを聞いてみても音の差は明らかだった。

そしてアナログのトーンアームの高さ調整をした。少し後が上がっていたため音が僅に乾いて聞こえたからである。調整した後のお客様の顔がほころんだ。それが総ての答えである。だからこの仕事をやめられないのである。

しかし、まだまだこれからである。我が家との比較では、音の輝きやスピード感、骨格の現れ方、低音の沈み方や奥行きを伴った広がりが全く違う。

スピーカーボックスは同じJBL4560BKAである。

これから、私のオーディオ人生の総てをかけよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA