[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオに興味のない人の感想をきけ

オーディオ好き(マニア)な人の聞き方は片寄っている。なのであまりオーディオに興味のない第三者に、貴方のシステムの音を聞かせてみてはいかがだろうか。

つまり、とてもまともなピュアな意見が聞けると思う。興味のない人の聞き方は違和感があるかないかである。

上手く鳴っていないシステムを聞くと、疲れるとか飽きるとか言われます。それは分からないのではない。鳴っていないのです。

誰が聞いても良いものは良いし、良くないものは良くない。オーディオを分かってる分かってないで決めつけないで、言われた事を素直に受け止めて欲しい。

後は貴方が、経験と努力を積み重ねセンスを磨く以外にありません。興味のない方の試聴結果は時に残酷な結果になる事もある、しかし、とても必要な事です。

優れた音を鳴らされた方はみなさん間違いなく同じような事をしている。

私の見方は、オーディオに全く興味がない家内です。しかし興味のない人に感動を与え、振り向かせるのは並大抵な事ではない。

いくら数人で似たような考えをもった人達が集まってあれこれ聞き比べてもあまり参考にならないのである。つまり考えに賛同してくれる仲間だからである。

とても詳しく経験があり耳の優れた人に聞かせても、真意をスバリ話してくれる人は極希である。

そして人は努力をして何とか鳴らそうと色々な事をする。しかし興味のない方に聞かせても、内容も分からないので冷めている、色々やったことを話しても理解が得られない。

だから良いのである。聞いているのは、実際とは違う違和感である「凄いですね、見たことない」これを言われたらもうおしまいである。

これは何の感動もない単なるお世辞である。本当にびっくりしたら興味をもったことになり、色々細かく質問が来る筈である。

聞いて良いと思わなかったら「ご立派なオーディオですね」それで終わりである。好きなソフトを持参していただき聞いていただくのが一番である。

上手く鳴っていれば、「この曲ってこんな音が入っていたんだ、ラジカセとは全く違うね。私もオーディオシステムを揃えてみようかな」となる筈である。そして次から次へとソフトをたくさん出してきて2~3時間楽しむ事になる筈である。

自信がおありなら、たまにはオーディオに興味のない人にご自慢のオーディオを、ひけらかさず聞かせてみよう。

そして素人の色んな質問にたいし、謙虚に答えてあげよう。それはご自分のやった内容を再確認出来、意識づいて、貴方のオーディオレベルは、アップする筈である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA